病気の数が増えてきてしまったので、犬たちの通院記録に名前変更。


by mamemamemameji

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

カテゴリ:おぼえがき( 27 )

チロルおぼえがき

ずっと年末からうんちょすの様子が不安定だったんだけれど・・・・。
ペーストにした酵素野菜を入れてあげるとうんちょすがコロンコロンになるみたい?
継続します。

現在のサプリ
Dフラクション
ジョイントサポート

と、酵素野菜ペーストかビオベテリナリー

フードは、腎臓サポート。


ついでにマメ

Dフラクションと酵素野菜ペーストかビオベテリナリー
フードは腎臓アシスト。
これに逆流性食道炎の薬と腎臓の薬。
ご飯を腎臓サポートから腎臓アシストに変更して1ヶ月。
今月は嘔吐下痢を伴う消化器系の体調悪化はなかったな。
1回おえってして、時々胃液こみ上げてるみたいだけれど。。。
もう1ヶ月様子を見てみます。
調子がよかったら、手作りもチャレンジしてみたいです。


ついでのついでのちょんまげ

酵素野菜ペーストかビオベテリナリー
フードは、ナチュラルバランス


全員フードが違うのが、ウルトラめんどくさい・・・けどやむなし。
[PR]
by mamemamemameji | 2011-02-02 17:21 | おぼえがき

腎臓病って


腎臓が悪いと言われても、ピンと来てなかった。
チロルの時はまだ初期段階だったので、言われる通り処方食と定期的な検査で過ごしてきたけれど。
マメがあっという間にチロルを追い越して、腎臓がかなり悪くなってしまった。
腎不全を起せば命に関わるので、これ以上悪くするわけにはいかない・・・と力も入る訳で。

そもそも腎臓が悪いってなんだ?をまとめてみた。

腎臓は、2個ある臓器。
腎臓は血液内の老廃物や余分な水分を体の外に出す仕事をしてます。
それだけでなく体内のphを保ったり必要な成分を作ったりもしている臓器です。

2個あっても、どちらか片方が悪くなるのではなく、2個同時に悪くなります。
また悪くなり方もだんだんと、徐々にではなく、放っておくと一気に悪くなる臓器で、一度壊れると元にもどるのは難しいようです。

悪くなってしまった腎臓を更に悪くしないよう進行を止めるのは、老廃物が出るのをなるべく押さえて、腎臓への負担を軽くしてあげることしかありません。
腎臓が悪いと「蛋白質を制限し、良質の蛋白質を少量だけ与える」と言われます。
栄養素には脂質・糖質(炭水化物)・蛋白質がありますが、脂質・糖質は息や汗となって外に出ていくけれど、蛋白質は老廃物として体に残り、腎臓を使って処理し、体外に出されます。
そのため、なるべく蛋白質を減らし、腎臓の負担を減らしてあげることが重要です。
簡単にいうと、腎臓は目の細かなザルで、砂やら水やら小石やらを通すと大きなものを避けて取り除けます。
このザルに引っかかるモノが老廃物です。
が、そうするとザルには負担がかかるので・・・。
もともと、大きな石や小石を取り除いた状態でザルを通してあげることで、負担を減らし、最小限必要なザルの仕事を長く保つことが出来る訳です。
それが、蛋白質をなるべく減らすことに繋がります。

じゃ、なんなの?その「良質な」蛋白質って・・・。
いわゆる「炭水化物」と思われているパンやご飯の中にも蛋白質は存在し、そしてあまり良質ではありません。
ご飯だと食べた分量の35%が毒素になってしまいます。
これでは、ザルが壊れるのを止められません。
だからといってご飯を食べてはいけないのではなく、あくまでも必要な栄養素をとりつつ、バランスを保つことが大事なようですが・・・じゃ、なんなのよー。そのバランスって!!!と悩みは尽きません。
でもアジは毒素となる部分がありません。
この差は?
「アミノ酸価」であり、青い魚や卵はこれが高く、良質な蛋白質と言えます。
魚・肉類・乳製品・鶏卵等アミノ酸価(スコア)が100の食べ物を与えるようにすればいいようです。
逆にいいと思っていた野菜類は100ではないので、栄養としては必要だけれど老廃物は出てしまうので・・・腎臓のフードにトッピングするのであれば、スコア100の食品がいいのかも。
蛋白質制限をする=肉をあげず、野菜や炭水化物をあげればいい。
なんて安易に思っていたので・・・老廃物の元ばっかり上げてしまうことになってたかも。
あるない、あぶない。

でも、蛋白質を減らしただけではカロリーが不足して、自分自身の蛋白質を消費してカロリーにしようとします。
これだとせっかく蛋白制限をしても、ザルを痛めることは同じようです。
なので、蛋白質を制限しつつも、カロリーを落とさないような注意は必要のようです。

塩分を外へ出すには、腎臓が使われます。
これもなるべく押さえなくてはなりません。


また、これに追加してマメさんは最初輸血が必要になった重篤な症状は消化器だったので、こちらにも気を遣わなくてはならず。
食べ物はなるべく消化しやすいように茹でて、バーミックスでペースト状にしてあげています。
腎臓にいいと思ってトッピングして、また血液を吐いたり、タール便に戻ったらそれも大変なことです。


なので、ご飯を食べないからといって。
簡単にあれこれトッピングすることは正直怖いのです。
腎臓がこれ以上悪くなったら・・・と思うと。
だから手作りに戻したくても、処方食の方が安心な気もするし。
トッピングするにしても、マメが食べて良い物にしたい。
でも、それじゃ食べない・・・の繰り返しで。
1日中、マメのご飯のことばっかり考えてます。
ドッグフードもグレインフリー(穀物なし)というのはあっても、蛋白質を押さえたものは、処方食になってしまうようで・・・。
ドライフードの種類も少ないのです。

かといって。
マメが食べなくっちゃ意味ないので。
おおらかな気持ちでいたいと思うけれど、色々葛藤があります。


結論に至ってないのですが。
日々、こんなことをもやんもやんと考えてます。
マメさん、頑張って食べて~。
[PR]
by mamemamemameji | 2010-10-15 13:08 | おぼえがき

10/13今後について

後で見つけやすいように抜粋記事。

★アルブミンの低下について
マメの体の様子を見て、肝臓や消化吸収出来てないアルブミンの低下ではないと考えているそう。
以前は沢山運動をして、いい食事をとって、いい筋肉を付けていたから体つきは前と違ってぽちゃっと見えるかもしれないが。
それはちゃんと自分で消化吸収が出来ているからだと思うので問題ない。
血液検査上も問題ないと思うし、腹水も溜まっている訳ではない。
肝臓も正常に働いているし、肝硬変の様子もない。
原因としては腎臓が考えられる。
腎臓がザル化していて、流れ出ているのだと思う。
アルブミンについてはこの数字を維持できればいいと思う。
血液検査の経過を調べ直したら、アルブミンが最高2.6まで戻った時は、まだ腎臓が悪くなっていなかった時期だった。
腎臓が悪くなってからは、徐々に下がってはいるけれど、ここで維持できるかだと思う。

★内視鏡について
現在、マメには内視鏡が必要な大きな症状というのはない。
また吐き気が続いたり、下痢が続くというような症状が出たらすべきと思う。
(アタシは素人考えで、元気な時に麻酔を掛けた方が安心じゃないかと思ってた)
内視鏡の上からだけでも、もちろん麻酔は必要だし、腎臓に負担を掛けるから前日から点滴をし続けて検査に望む必要がある。
下からの内視鏡は、人と違って下剤ではなく浣腸で中を空っぽにするので激しく脱水するので腎臓への負担は大きい。
点滴での維持がとても重要になる。
また、その結果わかってのステロイド治療も腎臓には負担を掛けるので、現在消化器系の問題が大きくないのであれば、腎臓は悪くするとなかなか良くならないので、腎臓の治療に注力を注ぐべき。
現在食事も消化器メインのものを与えているが、ここも腎臓をケアするものに変えていきたい。
消化器の症状が出たら、内視鏡をまた考える。

★今後について
まずは腎臓の治療を継続する。
食事は、マメが食べるなら野菜や肉のペーストで作ったパンケーキをあげるのはとてもいい。
それと合わせる処方食は、消化器ではなく腎臓にシフトする。
食事は、無理矢理でも必要量を食べさせるべきか、食べないなら食べなくて良いとするか(マメ太ってるし)悩むところではあるが、消化器サポートの量を食べさせるのは物理的に無理だから気にしないでいい。
腎臓サポートに切り替えて、様子を見ることとする。
今までのように、マメに吐き気があるか、様子はおかしくないか、お腹を壊してないかのチェックは継続する。
ただ、腎臓からも吐き気が来るのでわかりにくいので注意する。
透析的な点滴は継続する。

ということになりました~。
なので内視鏡は今は必要がない状況であることを素直に喜び。
腎臓の治療メインで、少しでも良くなるようにする。
つまりは、現状維持でしょうか。
マメの体の中で何が起こっているかのモヤモヤ感がありますが。
そのために腎臓をこれ以上悪くしても生きていけませんから・・・折り合いつけなくちゃですね。
[PR]
by mamemamemameji | 2010-10-13 16:42 | おぼえがき

7/24夜から7/25朝のマメ


今日もお弁当持って病院へ。
行こうと思ったら、あたしの車はバッテリーが上がってしまっていて。
あわてて父の車で行って来ました。
なので、フリーじゃなくてメッシュケージに入れていったんだけれど、これがあると上半身だけ出してもいい子にここにとどまってます。
アタシの車もこれにしようかな~。
d0064466_11233097.jpg

病院を出たところで、ちょっとやわらかいウンチ。
いままでバナナ1本みたいなウンチだったのになぁ・・・。
d0064466_11233088.jpg

ゆげちゃんに「マメちゃん、元気なんですけど・・・」と言われたマメ。
二足歩行で出て来ました。
元気だなぁ・・・。
d0064466_11233033.jpg

病院がすごい混んでいて、少し離れた駐車場に停めてあったので、マメを少しだけ歩かせてあげたら・・。
うれしくって走ってました・・・・。
まだまだ、もうちょっとゆっくりいこう。
お散歩禁止なんだから。

でも、元気なマメさんです。
体型もマメらしく戻ってきたと思うし。

晩御飯も完食。
早寝したし。
朝も完食。

でも、朝もちょっとやわらかいウンチだったから・・・。
念のため、病院にウンチも持って行って見せました。

が・・・・。
後で、母が1回目の朝のいいうんちをとっていたことが判明。
余計なことをぉぉぉぉ・・・。
あわてて、先生に電話でお知らせ。

今日も1日点滴です。

d0064466_11233021.jpg

d0064466_1123309.jpg

[PR]
by mamemamemameji | 2010-07-25 11:23 | おぼえがき

副腎腫瘍

そういえば、この前婦人科系の手術したチャウチャウちゃんにも臨床症状ナシで副腎腫瘍があった・・・ってゆ先生言ってたな。
手術中見つけたけれど、やっぱり取らなかったよって言ってました。
[PR]
by mamemamemameji | 2008-09-25 15:21 | おぼえがき

ちょんまげのキズ

d0064466_21573813.jpg

自己抜糸してはいますが、キズはとってもきれいです(^^)
水曜日に抜糸にいく予定です(^^)

検査結果もらってきます。
[PR]
by mamemamemameji | 2008-09-22 21:57 | おぼえがき

今日のかぼちゃ(携帯より)

d0064466_21502328.jpg

d0064466_21502347.jpg

なんとか現状維持。

カイカイって今日も夕方に一回されてしまい。
汁がみるみる…
キズもぷっくり。

でも、すぐに何もなかったようになります。

まさか肥満細胞腫の副腫留症候群??
ってことは完全切除できてない??

と。
悪い方への想像力は豊かで困ります。
週明けに抜糸に行くときには病理検査の結果も聞けると思います。
[PR]
by mamemamemameji | 2008-09-18 21:50 | おぼえがき

先生にお聞きしたこと

麻布の先生にお聞きしたことをまとめて書いておきます。

副腎腫瘍についてお聞きしたいこと

いつも診察してくださってありがとうございます。
大変失礼なお願いなのですが、わからないこと、聞きたいことを箇条書きにしてきました。
手術をしたほうがいいのか、しない方がいいのかでずっと答えが見つけられず悩んでいます。
どうかお力添え下さい。よろしくお願いします。

1.副腎腫瘍の麻布での症例はどのくらいありますか?あまりない病気なのでしょうか・・・。

2.手術の数はどれくらいですか?先日のご説明時に太い血管がそばにあるとご説明頂きましたが手術時に発生する問題がどれくらいの頻度であるのかが心配です。

3.手術した子の経過はどうでしょうか?副腎を取った後に起こる症状を心配しています。何の問題もなく、元気になった子もいるのでしょうか。

4.手術をしなかった子はいますか?その子はどういう経過をたどりましたか?

5.手術をした時に考えられるリスクとメリットはなんでしょうか。手術後の問題がどれくらいあるのかが心配です。

6.手術をしなかった時に考えられるリスクとメリットはなんでしょうか。手術をしなかった時にはどんな問題が考えられるのでしょうか。

7.現状、何も症状が見られないで手術をしたとして、術後に何か症状が出る可能性は高いのでしょうか。
それとも症状が出始めてから手術をするよりも、ないうちに手術をした方がそういった症状が出る可能性が低いのでしょうか?早く手術した方が術後の経過もいいものなのでしょうか。

8.出来れば症状がなければすぐに手術という選択をしないでいたいと考えてしまいます。
定期的な検診で副腎のサイズを計り続けることや、血液検査をすることで症状が進んだりしているかどうかを確認できないでしょうか。
進行のスピードや度合いで手術を考えることは難しいのでしょうか。

9.K先生の中で、手術以外の選択肢は考えられますか?

10.チロルの11歳という年齢を考えたとき、手術しないで腫瘍が大きくなり問題を起こすことと手術してホルモン異常などの問題が発生することを考えて、どちらがチロルの生活の質が高いことなのだと思われますか?

不躾な質問ばかりで申し訳ありません。
お手数をおかけして申し訳ありませんが、どうぞよろしくお願い致します。

165
チロル
[PR]
by mamemamemameji | 2007-08-28 14:10 | おぼえがき

どうしたらいいのか。

実際の所。
何をどうしたらいいのかがどうしたらいいのかわからないのが正直な気持ち。

チロルの副腎が大きくなっている。
片側だけ大きくなっているところを見ると、視床下部に腫瘍が出来たせいで副腎が大きくなっているわけではなさそう。
副腎の形は普通で、いびつではないから副腎に腫瘍が出来ている感じではなく、副腎の中に腫瘍が出来ているのではないかと思われるとのこと。

で。
腫瘍というのは手術をして摘出するのが一番の対処法であるという見解なのだけれど。
副腎はとれば終わりという部位ではなくて、取った後に副腎皮質ホルモンが出過ぎても、でなすぎても、それぞれに死につながることもある程コントロールの難しい症状がでる可能性もあります。
そのコントロールもずっと続く可能性もある。
手術をするのか?しないのか?
でも、しないでいて悪性腫瘍の確率は50%なので、だった場合の予後は非常に悪いです。
出来るのか?出来ないのか?
副腎の今の腫瘍の状態は開けてみないと詳細はわからないようです。
でも、手術中副腎が破裂したり、その周りの太い血管を傷つける可能性もあるそうで手術中に死亡もゼロではないと言われました。
どうすべきか?をさぐっていくためにはいろいろな検査が必要なようです。

チロルの年齢を考えると手術がベストな選択じゃないかもしれないです。
でも、いろいろな可能性を考えて考えて調べて確かめて。
もうそれしかないと思ったら、手術をしないで余生を過ごさせてあげる選択をするかもしれません。
でも、そうなるまで手術するかしないかは安易に決めたくないって思ってます。

1日でも長くチロルがニコニコが沢山でいられる方法はどれか?
飼い主のエゴだけでもなく、バランスよい方法を考えて選択したいと思います。
[PR]
by mamemamemameji | 2007-07-23 17:39 | おぼえがき

次の検査

アニホスのゆ先生から電話があり。
チロルの副腎がちゃんと機能しているかどうかの検査を麻布じゃなくてアニホスですることになった。

まず、明日はACTH試験というのもをする。
採血して、その後副腎を刺激する注射して、その後1時間したらまた採血してその差をみるというもの。

後日、もう1個の検査をする予定。
[PR]
by mamemamemameji | 2007-07-20 23:13 | おぼえがき

こんにちは!

3匹の犬たちの病気などについて覚え書きする分家ブログです。

lab*チロル 1996.4.17
jrt*マメ 1996.11.7 
jrt*ちょんまげ 2000.4.5

家主ひろこ@0型牡羊座
考える前にやってみよう、
でもやるならちゃんと考えよう・・・
とちょっと複雑な性格。

+ L I N K +

La-Brothers
アタクシのお店デス
のぞきに来てね♪

DOG*TRAIL
3匹+1人の楽しい生活はこちらの本家ブログで。

*このブログについて*

このブログはチロルに肥満細胞腫の疑いがあってから気持ちのやり場がなくて、記録としてつけだした私の雑記がスタートです。
情報ツールとしてみなさんに役立てるように作っているものと違い、自分で調べたり、考えたり、試したり、間違ったり・・・です。
知って欲しいと思って書いている部分もありますが、情報としては正しくない部分もあるかもしれません。
飼い主の雑記ですので、つれづれと思うままに書かせて頂きますのでご了承下さい。
色々ここで情報を仕入れても、思い込まずにかかりつけの獣医さんと相談してみて下さい。
獣医さんに話をし、相談し、悩んでることを伝えることも大事なことだと思います。

今は肥満細胞腫だけでなく、他の病気についても書いています。
犬たちとのニコニコの時間が少しでも多く過ごせるように頑張ります。

カテゴリ

全体
おぼえがき
びょういん
しらべもの
しこり
くすり
ちりょうひ
つれづれ
きもち
ようす
チロル病院
チロル薬
チロル様子
マメ病院
マメ薬
マメ様子
マメ
チロル
ちょんまげ病院
ちょんまげ様子
マメ検査結果
未分類

以前の記事

2015年 08月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2012年 05月
2012年 04月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 09月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 04月
2010年 01月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 09月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 03月
2008年 01月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2006年 12月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 05月
2006年 04月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月

フォロー中のブログ

DOG * TRAIL

タグ

(318)
(215)
(198)
(93)
(34)
(34)
(17)
(16)
(14)
(12)
(10)
(7)
(6)
(6)
(4)
(4)
(2)
(2)
(2)
(2)

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧