病気の数が増えてきてしまったので、犬たちの通院記録に名前変更。


by mamemamemameji

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

<   2007年 08月 ( 10 )   > この月の画像一覧

麻布大学2回目の診察

8月27日にあらかじめ先生にお聞きしたいことをまとめてFAXで麻布大学に送っておいたので、今日は診察室ではなく相談室という診察台などがない、普通のソファやテーブルが置いてある「相談室」に通されました。
先生は私が送ったFAX通りに漏れがないよう答えてくださったけれど、その通りに私がまとめられないので、メモ書き通りにここにも書きます。

・副腎腫瘍は良性/悪性の確率は50/50である。

・脳下垂体に腫瘍があることが原因で副腎が大きくなることもあるけれど、その場合は副腎が両方とも大きくなる。
チロルの場合は片側のみなので、脳下垂体が原因ではないと考えられる。

・副腎腫瘍に副腎皮質腫瘍と副腎髄質腫瘍がある。
副腎皮質腫瘍→コルチゾールを出す
副腎髄質腫瘍→アドレナリンを大量放出する(大量に食べるのに痩せてきたりする)
チロルは、数値として現れておらず、血液検査でも問題ない、副腎の外形も綺麗なので副腎皮質腫瘍と考えられる。

・手術中に起きる問題としては、出血死、及び術後の合併症である。
手術時に副腎からいろいろな太い血管をはがしたりする作業があり、簡単に太い血管は破れるものではないけれど、
破けた際に出血死につながる。
副腎からいろいろなものを送り出す管もあるので、それを傷つけることで術後の合併症につながる可能性もある。

・手術の難しさについては、副腎のまわりには大きな静脈、動脈が走っている。
内分泌系なので、作ったホルモンを送り出す管なども走っている。
だから手術に必要なのはそれを傷つけずにはがす技術が大きい。太い血管は膜が厚いので簡単には傷つかないが可能性はゼロではない。

・副腎腫瘍の手術の死亡は文献によっては2~3割あるが、麻布では1割。
それでも他の手術よりは高くなっている。

・症例は1年に1件あるかないか程度。

・ホルモン異常については、現状チロルの正常な方の副腎に萎縮は見られないので、今普通にホルモンを分泌出来ていると考えられる。
なので、手術して悪い方を摘出してしまったとしても、特にホルモン異常は今は起きない可能性が高い。
境界も明瞭なので、手術したとしても綺麗にはがせるであろう。

・片側に萎縮がある場合は副腎を取り出すことで、萎縮した方のホルモン放出が正常でない場合は、手術後1ヶ月位は薬でのコントロールが必要になるが、あくまでも一時的なものと予測している。

・手術をしない場合のリスクは、腫瘍が血管内に入り込んでしまう場合がある。
ホルモンの減退が起こると電解質のバランスが崩れたり、尿のコントロールができなくなってしまう。
実際にホルモン異常による症状が出てくる位になってくると副腎の方ももう少し進んだ状態になっていると思う。
普通は症状があって、検査をしたら副腎腫瘍だったとわかるケースがほとんど。
今回のように症状がなく、副腎腫瘍がわかるというようなケースは本当に偶発的にわかる場合くらい。

・副腎は針生検できないこともないが、難しい。
針を刺した所が良性・悪性というだけの検査にしかならないし、副腎髄質に刺さるとアドレナリンが大量放出されてショック死をすることもある。これは手術でも同じ危険がある。

・年齢的なことと、手術のバランスについての回答としては・・・
たとえ年齢が高くても、手術が出来るのであれば手術するべき。
副腎腫瘍の第一選択が手術であるということは、年齢が高くなっても変わらない。
その子の寿命がいくつかは、誰もわからない。
全部取りきれないこともあるかもしれないが、それでも取ることによってその子の寿命は全うできるのかも知れない。
年齢が高いと考えていても、手術をすればそれを越えてもっともっと長生き出来るかも知れない。
だから、難しい選択だけれど、手術が出来る状態であれば手術をすすめる。

・あともう一歩というか、何か手術をしなくてはならないようなことがないと今は手術をすることに踏み切れないと言う私の言葉に対しての返事で・・・
副腎腫瘍と言われるもののサイズは20mmであり、チロルは現在18.5mmだからまだそのサイズとは言えない。
もう少し定期検査をしつつ様子を見ることも可能。
今回のサイズは18mmだけれど、キュウリをどんな角度で切るかによって断面のサイズが多少違うように誤差はある。
定期的に見ていくことで大きくなるスピードなんかもわかると思う。
今回は前回に比べて少し表面がボコボコしてきたように思える。

・とりあえず、チロルの副腎の様子は3~4週間に1回という感じでエコーを麻布大学でとって経過観察をする。
その中で症状が出たり、サイズに変更があったら手術も検討するという形。
次回は9月25日10:00に検査。

というような感じです。
相変わらず真剣に話せば話すほど涙が出てきてしまって先生は本当に困ってしまったと思うだろうけれど、イヤな顔ひとつせずに一生懸命説明してくださいました。
「わからないこともわからないので、こんな聴き方になってしまってすいません・・・」って先生に伝えたら
「こちらこそ、スッキリさせてあげられなくてごめんね」って言ってくれました。
今までも大学病院では見てもらってました。
そんな中で、大学病院では先生といい関係を作るのは容易ではないな・・・と感じていました。
手術を勧めてくれている大学病院で、手術を今は考えられないという方向に話をしたら、もう継続して大学では見てもらえないかも・・・とか、でも大学病院の言われるとおりに納得ができないまま手術したら後悔する・・・と考えてました。
でも、主治医のゆ先生の後押しのもとに麻布大学でか先生に悔いのないように自分の思っていることをちゃんと伝えることでか先生ともいい関係が築いていけるように感じました。
きっと、これからもか先生とはコミュニケーションを取り、関係を築いて行けると思います。
いい先生に会えてよかった、ゆ先生にもか先生にも感謝です。

バタバタしてしまったけれど、9月に入ってからゆ先生に麻布大学での診察結果を報告しました。
[PR]
by mamemamemameji | 2007-08-28 18:59 | チロル病院

本日の治療費@麻布大学


本日の治療費

再診料    ¥3000(!)
超音波検査 ¥4200
-----------------------------
合計      ¥7200

金額を聞いたときは「安い!」と思ってしまったけれど、再診料が結構するんだね~。

再診料・・・・3000円
超音波検査・・・・4200円
病院に行くのにかかる時間・・・・片道3時間
病院での待ち時間・・・・最低1時間

チロルとの時間・・・プライスレス。

です。
頑張ろう~。
[PR]
by mamemamemameji | 2007-08-28 17:26 | ちりょうひ

先生にお聞きしたこと

麻布の先生にお聞きしたことをまとめて書いておきます。

副腎腫瘍についてお聞きしたいこと

いつも診察してくださってありがとうございます。
大変失礼なお願いなのですが、わからないこと、聞きたいことを箇条書きにしてきました。
手術をしたほうがいいのか、しない方がいいのかでずっと答えが見つけられず悩んでいます。
どうかお力添え下さい。よろしくお願いします。

1.副腎腫瘍の麻布での症例はどのくらいありますか?あまりない病気なのでしょうか・・・。

2.手術の数はどれくらいですか?先日のご説明時に太い血管がそばにあるとご説明頂きましたが手術時に発生する問題がどれくらいの頻度であるのかが心配です。

3.手術した子の経過はどうでしょうか?副腎を取った後に起こる症状を心配しています。何の問題もなく、元気になった子もいるのでしょうか。

4.手術をしなかった子はいますか?その子はどういう経過をたどりましたか?

5.手術をした時に考えられるリスクとメリットはなんでしょうか。手術後の問題がどれくらいあるのかが心配です。

6.手術をしなかった時に考えられるリスクとメリットはなんでしょうか。手術をしなかった時にはどんな問題が考えられるのでしょうか。

7.現状、何も症状が見られないで手術をしたとして、術後に何か症状が出る可能性は高いのでしょうか。
それとも症状が出始めてから手術をするよりも、ないうちに手術をした方がそういった症状が出る可能性が低いのでしょうか?早く手術した方が術後の経過もいいものなのでしょうか。

8.出来れば症状がなければすぐに手術という選択をしないでいたいと考えてしまいます。
定期的な検診で副腎のサイズを計り続けることや、血液検査をすることで症状が進んだりしているかどうかを確認できないでしょうか。
進行のスピードや度合いで手術を考えることは難しいのでしょうか。

9.K先生の中で、手術以外の選択肢は考えられますか?

10.チロルの11歳という年齢を考えたとき、手術しないで腫瘍が大きくなり問題を起こすことと手術してホルモン異常などの問題が発生することを考えて、どちらがチロルの生活の質が高いことなのだと思われますか?

不躾な質問ばかりで申し訳ありません。
お手数をおかけして申し訳ありませんが、どうぞよろしくお願い致します。

165
チロル
[PR]
by mamemamemameji | 2007-08-28 14:10 | おぼえがき

いよいよ麻布へ

主治医のゆ先生と相談して。
麻布大学の先生に聞きたい内容を煮詰めました。
煮詰めたものをゆ先生にチェックしてもらって。
いよいよ、明日はその聞きたいことを聞きに麻布に行って来ます。

結構なボリュームになってしまったので、明日の診察の時にいきなり渡すと失礼かな?と
心配になったので、今日病院に電話してFAXで送らせてもらいました。
受付の方は「今日送って頂いてもカルテに添付するので、先生が見るのは診察の時ですよ」とはおっしゃっていましたが・・・。
それでも少しでも早いほうがいいかなと思ったので・・・。
聞き難いことも聞かなくてはなりません。
でも、遠慮があってはきっと悔いが残ります。
ゆ先生にも「聞き難いだろうけれど、チロルちゃんのために頑張ってね!」と送り出して下さったので。
頑張ってきまーす。
[PR]
by mamemamemameji | 2007-08-27 17:41 | チロル病院

予約@麻布大学

次回は
8月28日10時~
予約がとれた。

めいっぱい聞きたいことピックアップして。
麻布で納得がいくように話しをしてきたいって思います。
頑張るぞ~!
[PR]
by mamemamemameji | 2007-08-09 22:45 | チロル病院

麻布大学からの返事

ゆ先生に電話した。
麻布大学のか先生と電話でお話して下さった結果を知らせてくれました。
とりあえず、チロルの腫瘍は検査の結果副腎皮質ホルモンを分泌する方の腫瘍ではないらしい。
症状も今はないから、緊急を要する状況ではない。

・か先生は画像診断専門の先生だからCTを撮らなくてもエコーで同じくらいの精度で見ることが出来るそうだ。
・だから、CTだけ撮ってみてそれからもう一度検討するというのは必要ないかなと
・手術をする時に股関節や脊椎症のために一緒にCTを撮るというのはありみたい
・今、症状が何もないのに手術をするのかとゆ先生が聞いて下さったら
・逆に今なにもない方が、手術してもその後の経過がいいことの方が多い
・大きくなってしまって血流を止めてしまったりした方が大変なことになるのではないか
・というのが麻布のか先生の意見で
ゆ先生は
・副腎はやっぱり自分の犬でも取りたくない
・取った手術で先生はいい印象がないから進めたくない気持ちになってしまう
・でも、今後この腫瘍がどうなるかの予測はつかない
・私がか先生と話すと私の主観が入ってしまうから
・直接、か先生ともう一度話す機会を持った方がいいんじゃないかな
・チロルちゃんもお母さんに決めて欲しいって思うと思うし
・いくら納得がいかないって何度同じ事聞かれても
・そんなんじゃぁ、獣医さんは患者さんのことイヤになりませんよ
・逆にこれで変な返事したらもう来ないわよ!くらいの勢いで、何でも聞いちゃいましょう
・自分の気持ちがどうしていいのかわからないで悩んでいるならば
・その通り、麻布の先生にも伝えちゃいましょう
・自分が聞きたいことを一覧表にして持っていって
・全部答えてもらうといいですよ
・そんなんじゃ、イヤになりませんから

っていってくれた。

私が
・腫瘍外科の先生はどうしても切除するという立場になると思うのですが
・副腎という内分泌の問題の部分なのだから
・内分泌の先生に見てもらう必要があるのではないかしら?
って失礼を承知で訪ねてみたら
・腫瘍の先生は、だた切りとる作業をする人ではありません。
・その腫瘍を取ったらどんな事が起こるのかを考えなくては切除は出来ないので
・こうしたらどうなるということは熟知して手術をしています。
・心配ならば
・相当数の手術例もあるので、同じようなケースでの成功率や術後の合併症の問題も確率として数字を教えてもらったらいいのでは?
・逆に内分泌の先生は
・腫瘍であるということで既に専門ではなくなってしまうので
・診てもらうのが難しいのではないか?
・腫瘍という分野はどうしても特殊な知識が必要なので、腫瘍専門医がいるわけだから
・それは安心していいと思うよ
って言われました。

とりあえず。
麻布にもう一度行って、聞けるだけの事を聞き残さず聞いてこようと思う。
[PR]
by mamemamemameji | 2007-08-08 22:31 | チロル病院

麻布大学の返事

今日、マメの検査の時にかかりつけのゆ先生に聞いたのだけれど
麻布からまだチロルの検査結果を送った後の指示は来ていないらしい。

明日、先生が連絡をとってくれるというので、夕方電話の予定。
お盆休みもあるし、どういう予定に今後なるのかがちょっと気になります。
大学病院の予約がすごく遅くにしか取れないなんてことがないといいんだけれどなぁ・・・。
明日忘れずにゆ先生に電話して結果を聞かなくちゃ!
[PR]
by mamemamemameji | 2007-08-08 01:23 | チロル病院

マメのポチ検査

今日はマメの病院に。
先生に「マメにまたポチっての見つけちゃったよ~」って言ったら
「must sell」ですか・・・。って。
えーん、そうじゃないといいんですけど・・・。

で、すぐに針生検。

ドキドキしながらまっていたけれど。
老廃物がたまったりしたものだったらしい。
肥満細胞は見つからず。
ホッとしました。
よかった~。

これで2回連続マメのポチは肥満細胞腫じゃなかった。
再発に怯えているから、本当にホッとしたよ~。
まだ前回から1年たってないもんなぁ・・・。
アジとかやってめちゃくちゃ元気な日々を過ごしているので忘れちゃうけれど。
[PR]
by mamemamemameji | 2007-08-08 01:17 | マメ病院

またまた「ポチ」発見

夜、寝ようと思ってマメをコロンってひっくり返したら。
アゴと喉の間やや右側にポチってのを発見。

ひぃいいぃいぃ~っっっ

明日見てもまだあったら病院で針生検してもらおう。

いろんな人に
「病気見つけすぎだよ」とか
「きみんちの犬はよく病気になるね」とか言われます。
でも、確実にそれで治せてきた病気たちもあるわけで。
私が見つけなかったらもっと大変なことになっちゃうのだと思う。
それが早期発見して早期治療出来ているのだから、いいことなんだと思う。

私は大学が動物関係だし。
獣医学部はないけれど、家畜診療所があって在籍させてもらったこと。
動物関係の会社に就職して働いていたこと。
そんなこともあって、ただ眺めるんじゃなくて妙に観察して日々すごしてるんだと思う。
観察してるから、違いがあるとすぐに気付く。
違いもついつい観察しちゃうから、詳細に気が付く。
だから、小さな事で病院にいく羽目になるだと思う。
獣医さんで「よくこんなの見つけたね~」とか「よく気付いたね」って言われることもあるし
「大丈夫だよ~」って笑われることもある。
それでいいのだと思う。
笑えないことに気が付けなかったら私は困るから。
「すぐに飛んでくる飼い主さんだね」って獣医さんに思ってもらった方が、つき合いやすいかもしれないし(笑)
なんてつれづれに思う。

でも。
見つけられない飼い主さんや、見逃した飼い主さんを攻めるつもりなど何もないのです。
飼い主さん、精一杯見てくださってると思いますから。
でも「今」をしっかり知ることで「違い」っていうのもわかるのだと思いますから。
時々チェックチェックして、おかしいなとおもったらすぐに病院に相談しましょう。
[PR]
by mamemamemameji | 2007-08-07 01:10 | マメ様子

高容量デキサメサゾン抑制試験@結果

今日、ようやく検査結果が出た。
結果はあまり数値に異常性はない模様。
いままでの結果でわかることは・・・。

・副腎腫瘍の可能性はある。
・でも副腎から出るホルモンが抑制されてるとか
・副腎が異常な働きをしているってことはなさそうだし
・もしかしたら副腎のそばの腫瘍ってこともあるかもしれないし
・副腎腫瘍でも悪さをしない腫瘍ってこともあるかもしれない

なので。

・結果は麻布に送る
・で、先生に「次はどうしたらいいですか?」と指示を待とう
・出来れば手術を前提とせずにCTだけ撮りたいね
・それからしっかり悩もう
・手術はやはりすぐにはすべきではないかも
・今、チロルは全然症状もないわけだし

というのが、今日主治医のゆ先生とお話した結果。
ゆ先生が麻布の先生と相談した結果を私にお電話下さる予定。

ドキドキ。
どうなるのかな・・・。
[PR]
by mamemamemameji | 2007-08-01 21:47 | チロル病院

こんにちは!

3匹の犬たちの病気などについて覚え書きする分家ブログです。

lab*チロル 1996.4.17
jrt*マメ 1996.11.7 
jrt*ちょんまげ 2000.4.5

家主ひろこ@0型牡羊座
考える前にやってみよう、
でもやるならちゃんと考えよう・・・
とちょっと複雑な性格。

+ L I N K +

La-Brothers
アタクシのお店デス
のぞきに来てね♪

DOG*TRAIL
3匹+1人の楽しい生活はこちらの本家ブログで。

*このブログについて*

このブログはチロルに肥満細胞腫の疑いがあってから気持ちのやり場がなくて、記録としてつけだした私の雑記がスタートです。
情報ツールとしてみなさんに役立てるように作っているものと違い、自分で調べたり、考えたり、試したり、間違ったり・・・です。
知って欲しいと思って書いている部分もありますが、情報としては正しくない部分もあるかもしれません。
飼い主の雑記ですので、つれづれと思うままに書かせて頂きますのでご了承下さい。
色々ここで情報を仕入れても、思い込まずにかかりつけの獣医さんと相談してみて下さい。
獣医さんに話をし、相談し、悩んでることを伝えることも大事なことだと思います。

今は肥満細胞腫だけでなく、他の病気についても書いています。
犬たちとのニコニコの時間が少しでも多く過ごせるように頑張ります。

カテゴリ

全体
おぼえがき
びょういん
しらべもの
しこり
くすり
ちりょうひ
つれづれ
きもち
ようす
チロル病院
チロル薬
チロル様子
マメ病院
マメ薬
マメ様子
マメ
チロル
ちょんまげ病院
ちょんまげ様子
マメ検査結果
未分類

以前の記事

2015年 08月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2012年 05月
2012年 04月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 09月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 04月
2010年 01月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 09月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 03月
2008年 01月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2006年 12月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 05月
2006年 04月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月

フォロー中のブログ

DOG * TRAIL

タグ

(318)
(215)
(198)
(93)
(34)
(34)
(17)
(16)
(14)
(12)
(10)
(7)
(6)
(6)
(4)
(4)
(2)
(2)
(2)
(2)

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧