病気の数が増えてきてしまったので、犬たちの通院記録に名前変更。


by mamemamemameji

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

7/8のちょんまげ

昨夜はもう寝たほうがいいんじゃないか?と思うくらいまで起きていたちょんまげ。
元気になってきたと思うけれど、疲れないかが心配で・・・。
昨日の朝ごはんをあげた時に「あれ?食欲がない?」をちょっとだけ違和感を感じたんだけど、7日夜ご飯をあげたダンナが「完食してお皿なめてたけど、食いつきがあまりだった」とのこと。
あれ・・・やっぱり食欲ない?
と、思ったけれど食後のヒヅメをガジガジしてる姿を見ていると食欲がない訳がないと思う・・・。
マメやチロルが腎不全の時は、ねちゃねちゃするものを嫌がっていたので、私のおじやポタージュのネチャネチャが気に入らないのかも・・・と思って。
今朝は、おじやは全部混ぜても水を足して全体がベトベトにならないようにしてあげたら、ガッツガッツ完食。
やっぱり食感がイヤだったみたい。
ちょんまげもこういうのを嫌がる段階に来たのかと思うとドキドキするけれど、食欲あるからヨシ!

昨日の昼間は、相変わらずバクスイしておねしょしてたけれど、夜中はなし。
オシッコもちゃんと薄いけど黄色い。

今朝は3時起床、オシッコさせてもう一度寝かしたけど、無理らしくベッドの上でグルグルグル。
諦めて、起きました(笑)
朝はちょんまげとアタシの都合で、7時半頃散歩に行きたいのだけれど、今日はもう暑い・・・・。
それに、自宅周辺はコンクリート以外なんにもない。
街路樹も7月から歩道を工事するとかで、もう数カ月前に全部なくなっちゃった。
なので、自転車のカゴに入れて駅前の公園へ。
日陰の土を選んでお散歩してみました。
うんうん、コンクリートよりもこっちがいいよね。
自転車のカゴから降ろした瞬間、ウンチ(汗)
しかもめずらしく柔らかい。
要注意。

昼間もぐうたら過ごしてる。
ケージで寝てばっかりだけど、目を開けて過ごしたりしているのではなまる。

Today's ちょんまげ
食欲 ◎
元気 ◎
オシッコ ◯
ウンチ △
変な行動 なし
[PR]
# by mamemamemameji | 2014-07-08 14:28 | ちょんまげ様子

7/7のちょんまげ

日曜日、よく寝ていたおかげでだいぶ元気になった。
まだ眠っていたいみたいで、寝すぎておねしょがすごい(笑)
ちょんまげが寝てた所には、シミ・・・。
昨日は晴れてたので、いっぱいお洗濯しました。

食欲は相変わらずある。
ただ、量はまだ少なめ。
寝ていても、すぐに飛び起きるようになってきた。
お水を飲む量も減ってきたし、嘔気も変な行動もなくなった。
雨でお散歩は連れて行かなかったけれど、今日はいいよね。
オシッコも黄色に戻った。
数値は見てないけど、とりあえず色が戻ってホッとした。

今朝、会社に行くのがちょんまげのオシッコ待ちでギリギリに(汗)
慌てて出てしまったので、行く途中にちょんまげ部屋のモニタを見たら、
既にうんちが(大汗)
会社に遅刻すると連絡して、家に帰りました・・・とほほ。

とにかく、変なものあげないこと。
刺激は必要としても、無駄に疲れさせないこと。
その匙加減が難しいけど・・・。
[PR]
# by mamemamemameji | 2014-07-07 15:02 | ちょんまげ様子

7/6のちょんまげ


夜中は気持ちがわるいのか、眠れない様子で、寝返りを打っては徘徊してを
繰り返してた。
合間合間に床をなめたり壁をなめたり。
でも吐くことはない。
薬を飲ませなければならないので、朝ごはんは少しだけ。
でも食欲はものすごくある。
お水は点滴をしたのに大量に飲む。
オシッコは色がない。
腎臓の悪化を心配。(結論、大丈夫そうだった。)

また今日も病院へ。
主治医の先生、2名とも休みだったので、6月頭に夜中救急で診てもらった
先生がまた診てくれた。
普段とは違う切り口でいろいろと話す中で、ちょんまげの元気の無さはやっぱり
胃腸の不調から来ているんじゃないか?と思ってきた。
そろそろまた前回同様レントゲンとエコー(この前やってたのを忘れてた!)と
血液検査をするので、血液検査の項目に何をプラスしてもらうかは考えて、
いろんな可能性を探れたらと思う。

とりあえず、腎臓に負担がない抗生剤と吐気止めも点滴と一緒に入れてもらった。

今日は先生も主治医じゃなければ、看護師さんも男性でしかも初めて見る人。
胃腸の心配をしているので、点滴中にごほうびをあげることも出来ず。
しかも看護師さん、ちょんまげもを力まかせにギュギュっと・・・。
点滴が終わった後、ちょんまげが暴れて、私が交代しようと思ったら思いっきり
ちょんまげがアタシの指に(T_T)
ネイルをしていたおかげで無傷だったけれど、ネイルの表面に歯の穴が(汗)
点滴、これからも思いやられます・・・・ふぅ。

家の中でもウロウロしてしまう時はケージに入れて管理してあげる。
(ムダな徘徊で、体力低下時にさらに体力消耗してしまう)
病院もケージも持って行くことにする。(病院でも興奮してムダに歩いてしまう。)
食べなれないものはあげない。(胃腸の調子が悪い原因を作らない)
今までは腎臓に悪いものでなければいろんなものをあげていたんだけれど、
その中で胃に負担を掛けてしまう物があるときが調子が悪い時になってるのかも
しれないと思った。
[PR]
# by mamemamemameji | 2014-07-07 14:53 | ちょんまげ様子

7/5ちょんまげ

この日は朝から裾野まで練習に。
元気だったちょんまげも一緒に行ってきた。

ドッグランをめっちゃくちゃ走って走って。
たぶん、おやつ欲しさだと思うんだけど(笑)
それでも、走ってニオイいっぱい嗅いで。
ドッグラン満喫してました。

帰りに獣医さんに寄ったけれど、元気はなまる!で。
ちょんまげが調子が悪くなる原因は、ボケと腎臓だけとは思えないので、
他になにか原因を考えたいと伝えた。
腎不全から来るもので、胃腸を荒らすこともあるので、腎臓による影響かも
とは思うけれど、胃酸を抑える薬を試しに飲んでみることになった。

病院はもともと苦手だけれど、それに追加してボケてからは反射的に
歯を当ててくることがある。
目もあまり見えないからコワイんだろうけれど・・・。
本日は流血(T_T)
おとなしく点滴が出来る方法を考えなくちゃ・・・。
こういう時の嫌がり方は、今まで飼ってきた犬の誰よりも我が強く、
手に負えない。
ちょんまげのくせに(笑)

その後実家にちょっと立ち寄って帰宅。
でも、私の管理がよくないことが重なってしまい、
夜まで元気だったんだけれど、夜中から調子が悪くなってしまった。
実家でウロウロさせすぎてしまったと思う。

くちゃくちゃと気持ち悪そうにする。
ガハッと1回だけの咳を時々する。
布を口の中に入れたり、前歯で引っ張ったり、変な行動をする。(気持ち悪さから?)
朝までほとんど眠れなかったみたい。
[PR]
# by mamemamemameji | 2014-07-07 14:35 | ちょんまげ様子

7/4のちょんまげ

ちょんまげさん、元気よく3時半に起床。
すぐにオシッコ。
朝ごはんはめっちゃ元気に食べる。(腎臓サポート+おじやペースト)
5時過ぎにうんちょす。

私が朝食を食べていると、くれくれと膝に手を掛けてくる。
こういうのって、意識がちゃんとしてるってこと?
ボケてからまったくしてなかったのに。
そういえば、夜寝る時もベッドでひっくり返ったり体ゴシゴシしたりと
なんだろう感情のある行動があってビックリした。

今朝は5時半に雨の中、ゴロとチョッパーのお散歩に行くのにスリングに入れて一緒に行ったんだけど、途中で出して出してと大騒ぎ。
小雨だったから、いいかと下ろしたらオシッコ。
しかも終わった後、るんるん走って、チョッパーたちと足並みそろえて残り10分程の道のりを歩いて帰ってきました。
あまりの元気なすがたにビックリ!
5ヶ月位巻き戻したのかと思った。
そんな姿は嬉しい^^

午前中はよく寝ているけど、お昼に起きて自分でオシッコ。
えらいえらい!

今週、ちょんまげの留守番部屋のサークルに壁を作ってより落ち着ける場所にした。
週明けにはタイルカーペットも来る予定。
ちょんまげが健やかに過ごせるようにいろいろと考えていきたいと思います!
[PR]
# by mamemamemameji | 2014-07-04 13:23 | ちょんまげ様子

ついにちょんまげの部、スタート。

この犬達の通院記録、マメの肥満細胞腫から始めたんだっけ。
毎日の様子や通院の記録を残して、自分のメモ代わりに使ってきました。
介護、見送りもこのブログの中でしてきたなぁ。

そしてちょんまげさんもおばあちゃん。
こちらのブログ、ちょんまげの部スタートしようと思います。

2014年1月
だんだんと白内障がひどくなってきたようで、見えにくくなってると感じる。
階段から落ちるというより、まだ階段の途中でジャンプしてしまったりと、下りの階段が難しくなった。

2014年1月25日
振り向きざまにドアで目を打って、真っ白になって飛び出る。
白内障だった水晶体が前方脱臼、すぐに後方に戻ったけれど、瞳孔を縮める目薬と、消炎目薬とのお付き合い開始になりました。

お目目のことが心配で、ちょんまげを過保護にし過ぎたと思います。
その間にどんどんちょんまげが自分の世界に入ってしまったように感じてます。
だんだんと、寝室に入ってもウロウロと歩きまわったり、階下のリビングに行きたがったり。
なかなか寝なくなって、人間も眠れない日々になりました。

2014年3月
寝室の場所変更&布団からベッドへ
もともと階段の多い我が家、ちょんまげは抱っこ移動だから問題ないかなと思いつつも、ベッドで徘徊して落下しては危ないので、ベッドの枕元にメッシュケージを置くことに。
この頃から、夜中短時間のサイクルで目が覚めるようで、その度にメッシュケージの中でずっとぐるぐるぐるぐる回っているように。
朝4時起きのダンナがいるので、邪魔しないようぐるぐるが始まると階下のリビングに降りて、ちょんまげを気が済むまで歩かせ、また寝る→またぐるぐる→またリビングへの日々。
友人から「あんたそれ痴呆よ!」と言われ、すとんと落ちる。
気がつけば、コマンドを言っても何も出来なくなっており、スワレフセも出来ない子になってた(T_T)
表情のない感じに悲しくなる。

2014年3月下旬
留守中にウンチふみふみ祭りを開催することが増える。
家での留守番が心配で、今まで自由にしていたちょんまげをちょんまげのやすらぎスポットだった1Fにサークルを作って日中は生活させるようにした。
でもふみふみ祭りは多く、ツライ日々。
手作りおじやメインにしていたけれど、ウンチが緩くなっているので腎臓サポート一本に戻す。

2014年4月
いろいろ調べたり、友人にいろんなことを紹介してもらい、検討。
とりあえず、自分にできる事をということで、ちょんまげの留守番場所をお日様の当たる場所に移動。
お散歩は歩けなくても抱っこして必ず連れて行く。
でも散歩では本当にトロトロ歩くだけで・・・散歩とは程遠い。
声をもっと掛けてあげるようにして、痴呆のサプリメントメイベットをあげだす。

2014年5月
メイベットのおかげか、生活改善のおかげか、夜中に起きる回数が減っていく。
けっこうまとまった時間、眠れるようになってきた、アタシが(笑)
一時は食べても食べても痩せていくので心配していたけれど、少しずつその分体重が増えるようになってきた、ちょんまげが(笑)

2014年6月
土日続けて遊びに行ったからか、日曜日お昼にちょんまげと家に帰ってからちょんまげが寝て・・・そのまま起きなくなった。
持ち上げてもダラーン、トイレに連れて行ってもそこで熟睡、ご飯だけは食べた。
オシッコは寝たまま漏らしていた。
心配すぎて夜中病院に行き、点滴とレントゲン検査。
特に問題なく返される。
翌日も心配で朝病院に預けて血液検査等してもらうが、獣医さんでは目が見えてないみたいと思うだけで特に他に気になることはないらしい。
腎臓の値が4月に比べて少々アップしているので、1週間に1回の点滴に通うことにする。
サプリメントをメイベットからパンフェノンに変更する。
ネフガードも与え始める。
体調が悪くなってから、ちょんまげが夜まとまって寝るようになった。
夜10時に寝て、だいたい4時前後に起床。
トイレも起きてすぐ、7時半、夕方6時頃、夜9時半のタイミングはかならずつかめる。
シングルベッドの半分をちょんまげ用にトイレシーツ敷いた上にタオルを敷いて寝てもらってる。
これでも夜中起きてどこかに行っちゃったりもしない。
安定した睡眠が取れるようになった。

体調はよくなったようだけれど、疲れやすくなった気がする。
時折、「んく、んく」と気持ち悪そうな素振りをしたり、「カーッ」っていう咳をすることがある。
この2つと必ずセットになるのは、異食行動で、散歩に出た時にコンクリートの縁石をずっとかじっていたり、タオルやマットなどを前歯でひっぱりちぎろうとするような行動。
更に元気もなく寝てばかりいるので、本当に息をしているのかどうか心配になる程。
かといって、食欲はものすごいあるし、家の中では普通にしている。
でも、散歩では歩かない・・・コンクリートの縁石をかじる・・・慌てて抱っこして家に帰る。
のような、繰り返し。
1週間サイクルで、体調のアップダウンがすごい。
でも、元気な時は散歩で走ってみたりもする。
メイベットの時ではなく、パンフェノンの方が、眼力がある気がする。
お水を異常に飲むサイクルがあったと思えば、今はそんなでもない・・・不思議。
手作りおじやに再挑戦。
今度は、完成品をハンドミキサーでペースト状にすることにした。
これで消化は大丈夫かな?
ドッグフードが薄まってくれたらいいなぁ。

と、こんな感じの生活です。
これからは忘備録的にちょんまげの様子を書いていこうと思っています。
[PR]
# by mamemamemameji | 2014-07-04 13:20 | ちょんまげ様子

最期の時

公園散歩と病院を終えて。
チロルの足の毛と爪を切ってあげることにした。
意識はあまりない時もあるんだけれど、毛をチョキチョキしているのはやっぱりくすぐったいのか足をぴくっとさせたり、爪きりで血管に触れるとビクンとしたり。
後1本でチロルの爪きりが終わるって時に・・・お尻に異変が。

ちょっとここからは辛い内容です。
[PR]
# by mamemamemameji | 2012-05-18 01:30 | チロル様子

命の期限

使用期限の記事を書いた日、午前中はどうしても仕事が休めなくて。
泣きながらメンテナンスの仕事をしていた。
そこだけ仕事をして、代打を駆使して火曜日まで休む算段が整った。
そのために、お昼会社に寄って引き継ぎして、ブログを更新したんだっけ。
この日はうんちばかりか、チッチもほとんどでず。
搾り出しても昨日までジャージャー出ていたチッチが変な色のチッチが少ししか出なくて。
チロルの体が昨日までと違うことがなんとなくわかりました。
体の中は、動きを止めつつあるってコト。
夜中はおぼれそうになりながらも自力で少し飲んだお水も、朝にはまったくゴクリもしなかったしね。

午後、お家に帰ってすぐにチロルを心配してやまちんが来てくれた。
土曜日に大きな公園にチロルと一緒に行く約束をしてたんだけれど、それがチロルは無理そうだから。
「もうどこにも行かず安静にしておいてあげた方がいいんじゃない?」って言ってくれたけれど、私はチロルをどうしても公園に連れて行ってあげたかった。
最後だからこそ。
金曜日は大荒れのお天気予報だから、今日行かなかったら本当にもう行けないかもしれない。
一緒に光ヶ丘公園に行きました。
チロルは午前中は泣いて暴れたりしていたけれど、午後はやすらかでした。
公園まで行ってカートに乗せて一緒に歩いていると、意識が戻るのか首を持ち上げてみたりしてました。
お外ってすごいね~、わかるんだね~って2人で話しながら沢山歩きました。
1人で公園に来ていたら、きっと悲しくて寂しい散歩になっていたと思う。
思い出したくない散歩になっちゃってただろうなぁ・・・。
でも公園での思い出話を色々しながらチロルと賑やかにお散歩できた。
芝生広場でチロルを降ろして、地面に寝かせてあげた。
重力に従うままに寝ていたけれど・・・それでも色々感じられたでしょ?ね^^
お散歩を終えて、そのまま病院に行きました。
今日は、ゆげちゃん定休日でなべせんせい。
病院でちょっとチロルの様子がおかしく歯茎を見ると真っ青。
舌は口の奥のほうでクシャクシャってなって乾いてる。
水を飲んでいないといえども、昨日も点滴しているから異常に乾いてる感じ。
歯茎の色はすぐに元に戻ったけれど、チロルの命の期限が近いことは明らかでした。
この時、私の覚悟は決まりました。

なべせんせいの診察で、やっぱりチロルの状況はかなり厳しい状況だと言われた。
意識レベルもかなり低いそうで・・・、だからチロルじゃない感じがしてたんだね。
このあと私に出来ることは、チロルの旅立ちを邪魔せず苦しませず逝かせてあげることだけなので・・・。
そのことについてせんせいとお話した。
先生からも治療についてどう考えているか?と聞かれたので、思っている通りに伝えた。
延命になるなら、強制給餌や点滴もしたくないと。
でも先生は点滴は延命できるほどの効果はないから、その子が少し楽になれる程度のものだと思うので。
点滴だけは続けてあげたらどうか、って言われた。
もしもチロルが明日までもったら、点滴に行くことは伝えた。
でももしも夜中に容態が悪くなったら、何か出来ることがあるのかな?って聞いたら・・・。
その時に出来ることこそ、延命でしかないっていうお答えだったので・・・。
夜中に何かあっても、もう連絡はしないって伝えた。
口が渇いてかわいそうなので、脱脂綿を濡らして口を拭いてあげたらってアドバイスをもらった。

マメの1年半の通院もチロルの通院も、今までずっと1人で行っていた。
母がアタシの治療方針に意見言ってきた時1回、病院に連れて行ったコトがあっただけ。
この最後の病院、やまちんが一緒に来てくれて本当に心強かった。
[PR]
# by mamemamemameji | 2012-05-17 17:13 | チロル様子

使用期限

そろそろ、みたいです。
点滴したものの、夜になってもほとんど水も飲まず食べ物も興味なし。
ほっぺのお肉を自分の歯でガッチリ噛んじゃって口を固く閉ざしています。

昨日みたいに伏せて転んではなくなりました。
1日寝不足を満たすようにずっとぐーぐー寝てました。
でも、夕べは今までトイレが我慢できなくてアタシを呼ぶような悲鳴みたいな声で夜中じゅう吠えてました。
アタシを呼んでるのかと思ったんだけれど、横にいても耳元でヒャンヒャン吠えたりして・・・。
トイレはほとんど出ません。
うんちに至ってはまったく。
内臓、止まっているのかな・・・。
水も飲まない。
ご飯も食べない。
口の中にスポイト的なもので水を入れてみますが、ダダ漏れ。
ゴクンとか、してみなさいよ・・・もう。

寝返りを打たすと少しおとなしくなるので、添い寝。
気が付くと遠くに動いて行って泣き叫んでる、抱き戻して添い寝・・・無限ループ。
頭だけはしっかりしていたチロルさん、ちょっと表情がなくなってきました。
時折、チロルに戻るんだけど。
出たり入ったりしてるんだろうか。
ヒャンヒャン泣くのが痛いとかじゃないといいんだけど・・・。
あまりに泣くので心配してます。

とりあえず、痛みがあるのかどうか治療はもうないのか、見守ることにするのか。
今日また病院に行ってきます。
[PR]
# by mamemamemameji | 2012-05-17 13:10 | チロル様子

ちょっと山場だった

チロルさんが食べむらが酷くて茹で鶏しか食べなくて点滴だけした11日夜、ちょっとイヤな予感がしてはいたもの・・・。
12日朝、ご飯はまったく食べませんでした。
ミルクもいらない。
お水だけ、飲みました。
いっぱいいっぱい話しかけて「姉ちゃんが帰ってくるまで待っててね」ってお願いして出かけました。
朝、ゆげちゃんに電話してチロルが食欲廃絶で元気はないことを伝えて、夕方また点滴に行くことになりました。
その時に今後のコトを話し合おうってことで・・・・。
病院で、先生に「延命はしたくないけれど、治療ならしたい」ということと、チロルに苦痛なコトは出来るだけしたくないことを伝えました。
先生も一緒に考えてくれるって言っていたけれど、やっぱり難しいねって・・・。
電解質のバランスが崩れたものを点滴でよくなって食欲が出ることもあるし、点滴は今までどおり続けてみたらどう?ってことになりました。
a/d缶で食欲増進剤を飲ませたのですが・・・・。
もう、これが嫌がって嫌がって暴れて・・・薬だけ2回も吐き出した・・・・がっくし。
これで食べるようになったら・・・それでヨシ。
食べなかったら・・・また考えることに。
腎臓の状態も検討の材料にするために、血液検査もしました。
薬を飲ませてから1時間位で、まずは普段食べているものをあげてみて食欲があるかどうかを見てくれといわれました。
で、先生が最後にあげてみてね~といってくれた、先生が「これは絶対食べるよ」ってくれた紗(さや)っていうジャーキー。
これねー、夜出したら食いついたよ!!!
それと父が取ってきた鹿で作ったジャーキー。
この2点はよく食べました!!!

13日の日曜日は紗と鹿ジャーキーで相当量食べました。
鹿は生肉量で1日300~400g位。
やわらかい感触のものは一切食べません。
それと紗を10本位。
うんちがずっと出てないのが気になる。
14日朝、鹿ジャーキーと鹿レバージャーキーを120g位食べたトコロでストップ。
紗も食べない・・・・ヤギミルクも・・・あれ??
ちょっとイヤな予感。
昼に母に「ヤギミルクあげてみて」ってお願いしたんだけど飲まなかったんだって。
夜、早めに帰ってきてゆげちゃんに電話。
血液検査の結果は想像よりも少しよかったってことで、今治療を放棄するのは逆にキツイから・・・しばらく点滴でどこまで維持できるか続けてみようってことになりました。
うんちはしたいのに出ないのと出ないのでは違うから気にしないでいいよってことに。
で、電話を切ったら気持ち悪そうにしてる・・・・。
あれ??

しばらくして吐き気がおさまったかな?と思ってお水をあげたら飲んだ。
でも9時ごろ・・・赤茶色い液体を大量嘔吐。
今夜は食事も水も抜いて、明日点滴にいこっかな~と思ったのですが・・・。
フセては転ぶ、フセては転ぶ・・・で吐出する・・・を朝まで繰り返し。

いつも横倒しになって寝るのに、それが気持ち悪いのか出来ないみたいなのよね・・・。
チロルの横に座布団敷いて犬部屋で一緒にねたんだけど・・・眠れず。
あまりにたくさん吐くので、夜中に弟にメールして明日の仕事を変わってもらって。
朝点滴しに行くことにしました。

夜と朝はご飯抜き。
朝点滴をしてゆげちゃんとお話。
内臓がちょっと衰えていると感じるので。胃腸の動きをよくする薬も一緒に点滴。
これで食べるようになればヨシ、食べなかったら・・・また考えることに。
血液検査の結果では腎不全の状態もさほどひどくなくて・・・。
クレアチニン2.6、BUN92、先生は150位いってるかと思ったっていってました。
なのでチロルの老衰が進むか、腎臓の値が寿命を追い越すか・・・・そんな感じになるかなって話してました。
もうちょっとチロちゃんの点滴、頑張ります。
夜、ご飯食べてくれるといいなぁ~。

今はフセて転んで・・・は落ち着いて、横倒しでグーグーバクスイ中。
よかったよかった。
[PR]
# by mamemamemameji | 2012-05-16 12:39 | チロル様子

こんにちは!

3匹の犬たちの病気などについて覚え書きする分家ブログです。

lab*チロル 1996.4.17
jrt*マメ 1996.11.7 
jrt*ちょんまげ 2000.4.5

家主ひろこ@0型牡羊座
考える前にやってみよう、
でもやるならちゃんと考えよう・・・
とちょっと複雑な性格。

+ L I N K +

La-Brothers
アタクシのお店デス
のぞきに来てね♪

DOG*TRAIL
3匹+1人の楽しい生活はこちらの本家ブログで。

*このブログについて*

このブログはチロルに肥満細胞腫の疑いがあってから気持ちのやり場がなくて、記録としてつけだした私の雑記がスタートです。
情報ツールとしてみなさんに役立てるように作っているものと違い、自分で調べたり、考えたり、試したり、間違ったり・・・です。
知って欲しいと思って書いている部分もありますが、情報としては正しくない部分もあるかもしれません。
飼い主の雑記ですので、つれづれと思うままに書かせて頂きますのでご了承下さい。
色々ここで情報を仕入れても、思い込まずにかかりつけの獣医さんと相談してみて下さい。
獣医さんに話をし、相談し、悩んでることを伝えることも大事なことだと思います。

今は肥満細胞腫だけでなく、他の病気についても書いています。
犬たちとのニコニコの時間が少しでも多く過ごせるように頑張ります。

カテゴリ

全体
おぼえがき
びょういん
しらべもの
しこり
くすり
ちりょうひ
つれづれ
きもち
ようす
チロル病院
チロル薬
チロル様子
マメ病院
マメ薬
マメ様子
マメ
チロル
ちょんまげ病院
ちょんまげ様子
マメ検査結果
未分類

以前の記事

2015年 08月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2012年 05月
2012年 04月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 09月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 04月
2010年 01月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 09月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 03月
2008年 01月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2006年 12月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 05月
2006年 04月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月

フォロー中のブログ

DOG * TRAIL

タグ

(318)
(215)
(198)
(93)
(34)
(34)
(17)
(16)
(14)
(12)
(10)
(7)
(6)
(6)
(4)
(4)
(2)
(2)
(2)
(2)

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧