病気の数が増えてきてしまったので、犬たちの通院記録に名前変更。


by mamemamemameji

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

タグ:お別れ ( 6 ) タグの人気記事

最期の時

公園散歩と病院を終えて。
チロルの足の毛と爪を切ってあげることにした。
意識はあまりない時もあるんだけれど、毛をチョキチョキしているのはやっぱりくすぐったいのか足をぴくっとさせたり、爪きりで血管に触れるとビクンとしたり。
後1本でチロルの爪きりが終わるって時に・・・お尻に異変が。

ちょっとここからは辛い内容です。
[PR]
by mamemamemameji | 2012-05-18 01:30 | チロル様子

いろいろ出来ない。

マメがいなくなってから、結構淡々と普通に過ごせていると思ってました。
毎日、いろんなお友達が電話してきてくれて、メールで心配してくれて。
頂いたお花の世話したり、時々マメの骨に話しかけてみたり。
マメはどこにいるんだろう?何を大事にしていたらいいの?って電話してくれたお友達に聞いてみたり。
骨もマメの痕跡、首輪もチョーカーもリードも・・・全部マメがいた痕跡、名残。
マメは他の犬と仲良くなんてしたくないから虹の橋なんて渡って行かないよ~って言われてそうかもって思ったり。
誰にも会いたくないって思ったり、誰かに話したいって思ったり。
脳みその中は結構支離滅裂です。
そんなアタシの遠慮とか気持ちをぶっ壊して突入してきてくれる友達には、本当に感謝してます。
そうじゃなきゃ、きっと引きこもっちゃったり、もっと落ち込んでるのかもしれない。

色々考えてばかりいます。
マメは、どこへ行ったんだろう。
借りてた入れ物(体)も燃えてなくなっちゃった訳で、中身はどこへ行ったんだろう?
骨の中にも首輪の中にもいないし。
あっちこっちに思い出は残ってるけれど、マメだけいない訳で。
それこそ千の風になって、なんだろうか。
どこにじゃなくて、そこらじゅうあちこちにマメがいるようにそのうちなるんだろうか。
なんか仏教習いたくなってくる。
仏教じゃなくてもいいんだけど、誰かアタシの脳みそを私が理解できるように整理して欲しいって。
そんなこと思いながら、あーでもないこーでもないって考えてます。
マメがいなくなった後、どうやってマメの思い出とかマメの痕跡と付き合っていったらいいか。

夜になるとものすごい眠気に襲われて起きていられません。
昼間は普通に仕事をしているのに・・・これも自己防衛本能なんでしょうか。
15年一緒にいた訳ですから。
いない生活に慣れるのに15年掛かってもいいと思ってます。
ただ、変に思いは残さず笑って話せる思い出にしていかなきゃ。
だって、マメは伝説がいっぱい過ぎて、いつも私を困らせて笑わせてたからね。

今は、マメが亡くなった日付を見るとめまいがしたり、気持ちが悪くなる・・・。
11月末から使い出した新しい来年の手帳も日付を見たくなくてあの日から開いてない。
命日とか覚えていたくない、日付を忘れてしまいたい、この日がもう来年来なかったらいいのにって母に言ったら・・・。
母にとっては、いいことがあったり助けられたと思う日って、祖母の命日だったり月命日だったりするそうで。
亡くなった日ではなく、いい日と思っていつも思っているそう。
きっとだんだんそうなるから大丈夫よって言われた。
そうなるといいな・・・。

思っていたよりも、自分って弱いなって思う。
もっとしっかりしていると思ってた。
時間は掛かるかもしれないけど・・・ゆっくりしっかり元気になります。
他の犬達だっているし、お世話大変筆頭のチロルもいるしね☆
弱音吐くのも年内として。
年明けには活動開始するぞ!あわてずマイペースで。
頑張っていきます。
[PR]
by mamemamemameji | 2011-12-26 20:59 | マメ

そして少しずつ。

最後まで迷ったけれど、オプデスはお休みした。
朝、チロルが大量にお漏らしした。
木曜日までマメと一緒に寝ていたパジャマがビショビショになった。
よし、洗うか。
昨日まだ部屋の隅に放置してあった、マメがお水をこぼしちゃったベッドやタオル類。
マメとお別れの時に着ていて汚れた服、一緒に寝ていたパジャマを思い切って洗濯した。
色々取っておこうとか思うと、私は吹っ切れないと思うから。
どんどん気にせず洗ってしまおう。
といっても、まだまだ洗えないモノもあるんだけどさ。

ようやく気がついたけど、マメがいないとすることがない。
それは、今回の呼吸が出来なくなるっていう5日間のことだけじゃなく。
1年半の病気生活でもなく。
この15年、本当に手間と世話のかかるヤツだった。
私が起きなければ胸に乗っかり、顔がヒリヒリする程なめて起こし、起こすと怒られるから胸に乗ったまま目があくまでジーーーーーッとものすごい目力で見たり・・・。
寝坊するのも一苦労だった。
食べ物への執着がすごくて、おやつをポケットに入れっぱなしだったズボンやジャケット、いくつ破かれたかわからない。
置いてあるバッグだって、すぐに中身を引っ張り出しておやつを掘り出してた。
最近お気に入りで使っていた竹篭だって、どうも角がボロボロになると思ってたら、マメが中が出せないとイライラして角をかじってるのを先週の土曜日目撃した。
そんなに元気だったのになぁ。

他の犬にはガウガウしたり噛み付くし、家の中でもチロルとケンカしたり、落としたものは食べちゃうし、食べられないものも食べちゃうし、ケージに閉じ込められるのが嫌いでよく吠えたし、練習待ってる間も自分がやりたくて(さしてまじめにやりもしないのに)ワンワン吠えっぱなしだったし。
大きな手術も2回したけれど、生涯の間に体を縫った数は50針じゃきかない位のケンカ魔でキャットキラーで大胆不敵なヤツだった。
庭の猫を見つけると網戸を突き破って出て行っちゃうから、めんどくさいから家の網戸全部破けたままになってたな。
極度の寒がりで冬になるといつも誰かの膝の上や、トレーナーの中にいたな。
いつも重たいマメを抱えて歩いていたし・・・ホットカーペットの上のベッドの上には寝ず、必ずサンドイッチになって間に寝てたな。
しかもそのままベッドを背負ったまま歩くからマメじゃなくてカメって改名したいくらいだった。
でも今年はマメを1度もまだお腹にいれてなかったな・・・寒くなかったの?マメ。

とまぁ言い出すとキリがないほどマメ中心の犬生活だったので、マメがいないと寝坊も余裕で出来る。
台所で料理していて、ネギを落としたらマメが食べちゃうから大変!とか思わなくてもいいし。
誰も吠えないし、みんなまったりしてるし。
抱っこしろとかわがままいう子もいないし。
置きっぱなしの荷物を持ち去る子もいない。
犬のご飯も犬部屋まで持っていくのは大変だったけれど、1個減るとらくらくだし。
毎日の薬も2匹分は大変だと思ってたけど、1匹になるとあっけないし。
マメをマメを、マメとマメと、ってばかりな15年だったから・・・なんか抜け殻です。
ちょんまげが時々ガタガタ震えてまた目が小さくなります。
「マメが来たの?」って思ったんだけれど、なんかそれってホラーだね(笑)
あんなに大好きだったマメなのに、ちょんまげが喜ぶんじゃなくてガタガタ震えるなんてさ。

でも、少しずつ新しい生活をはじめなくちゃ。
今日はマメを尋ねてくれた友達とそのままお散歩。
マメとの思い出話しながらマメのお散歩コースを歩きました。
こんなんでごめんね、しばらくマメの話しばっかりしちゃうけど、すぐに通常営業に戻るからって言ったら。
そんなの気にしなくていいんだよ。
人に迷惑掛けるなんて思わなくていいんだよ。
当たり前なんだから、時間がかかっていいんだよって。
・・・ありがとう。
別なお友達から届いたお花のお礼のメールへのお返事も・・・そんなこと書いてくれてあった。
今は甘えさせてもらって、へんてこな行動も許してもらおう。
みなさん、本当にありがとう。

少しずつ新しい生活だね。
[PR]
by mamemamemameji | 2011-12-18 16:30 | マメ

お友達が来てくれた。

朝ただボーっとしてたら、ヨメが来た。
「マメちゃんにお供え」ってホカホカのパンを買ってきてくれた。
マメ、パン大好きだったもんね・・・。
それに引き換え、マメに何にもしてなかったアタシ。

でもさ、マメはどこにいるんだろう?
魂が抜けて肉体だけが残り、その肉体も火葬して骨だけになった。
でもその骨はマメだった痕跡だから、愛しいことにはかわりない。
だから一人ぼっちにおいてちゃかわいそうって、ついつい思っちゃうんだけど・・・。
でも、魂はそこにはいない訳で。
連れて歩いても、肉体の痕跡でしかない?
マメ、どこにいまはいるの???

友達がわいわい来てくれた。
遠いところ、本当にありがとう。
お花やおやつ、ケーキ、おもちゃってたくさん。
マメにはやっぱり食べ物か(笑)
「マメはどこー??」って言われて慌ててダイニングから連れてくる。
「写真ないのー?」「花とか飾る祭壇作ってないのー?」って言われて、慌てて準備。
あっという間にステキなお花に囲まれた空間が出来上がりました。
マメいなくなっちゃったし来なくていいよなんて言ってたけど、みんなが来てくれなかったら1人でぽーっとただ過ごしていたのかもしれない。
人のお通夜もお葬式も、大事な儀式なんだなって、改めて思った。

マメやみんなの犬の笑えるエピソードとか、マメのこのせっかちな旅立ちは、アジリティ競技してて違うって言ってるのにトンネルめがけて飛び込んでくオシリが想像できるよねーなんて話して。
ほんとになんてせっかちであわてんぼうなマメだったんだろうって思った。
もう2,3日待っていたら生きて大好きなみんなに会えて、おやつもらったり出来たかも知れないのにね。
アタシが1月までずーっとそばにいてあげられたのにね。
ほんとせっかちな子。
大好きなチキン食べて、さっさと去って。
ほんとマメらしい。
アタシがせっかちに友達にリードを送っちゃってるからリードもつけてない。
絶対好き勝手走り回ってるねって笑った。
今年亡くなったお友達の犬たちが、きっと待っててくれるから。
ケンカだけはしないように(笑)仲良く行ってね。

でもこんなにみんなにも大事に思っていてもらったんだな・・・って嬉しくなった。
ありがとうしか言えないけど・・・本当にありがとう。ありがとう。ありがとう。

あ、そうだ写真・・・と思って、古い写真やら昔たくさん載せていただいた雑誌とか、荷物をひっくり返して探してみた。
懐かしい思い出がまたいっぱい出てきた。
[PR]
by mamemamemameji | 2011-12-17 16:17 | マメ

今日から新しい日

マメは昨日亡くなっちゃったので・・・今日からもうマメはいません。
朝確かめてみても、マメはやっぱり冷たい。
弟A家族が来てマメにバイバイしてくれた。
犬が大好きだった下の甥っ子くん、冷たいマメをなでなでしてくれてありがとう。
この頃になったらちょんまげはマメを飛び越えてしまうほど元気に。
私はまだマメの亡骸という形に固執してしまうけれど・・・もうマメの魂はここにはないってちょんまげはわかってるんだな・・・。
と、ちょんまげに教わる。

母が旅行に行き、弟A家族が帰り、父が会社に行き。
1人になりました。
朝になり、送らなければならない友人たちにメール。
悲しいお知らせしちゃってごめんね。
電話で話して泣き、メールを見ては泣く。

早く・・・早くしなくちゃ。
酸素ボックスのレンタル会社に電話して、引取りをお願いし。
先代のビーちゃんを火葬した所に15年ぶりに連絡する。
本当はもっと色々吟味したらいいのかもしれないけれど、先代と同じところでって決めた。
もうどんどん決めて進んでいかなくちゃ。
お昼に火葬することになった。
家を出るまで、残り後2時間半。
マメとのんびり過ごすことにする。
寒い日陰の部屋にいたマメだけど、私もうろうろ動き回りたいし、置いておいて足のおぼつかないチロルやKYなちょんまげに踏まれたらかわいそうだから・・・。
火葬までもう後ちょっとだし、いつも日向ぼっこしていたリビングに連れて行き、イスの上に乗せて日向ぼっこさせてあげる。
そして時々「本当に冷たい?」って何度も確かめてみる。
やっぱり冷たい。
でもずっと握ってる指先だけは最後まで柔らかいままだった。
今まで亡くなったワンちゃんには、庭の月桂樹で冠を作ってあげていた。
マメにも・・・って見に行ったら・・・この前、庭師に切ってもらったトコだったので枝が短いのと・・・どの葉もすごい病気で・・・あきらめた。
隣のオリーブの枝と、花が咲いてるローズマリーを切ってマメに乗せてあげた。
家の中をうろうろしていたら、パンダちゃんも発見した。
手足と耳がもげかけてるボロボロのパンダちゃん、お気に入りだったね。
洋服はお気に入りではなかったけれど、昨日メンズ先生たちが着せてくれた10月のイベントでちょんまげとおそろいで買ったフリースの服を着たまま天国に行かせることにした。

マメの毛とか爪とかどうしようか取っておこうか、とちょっと悩む。
もう固まっちゃったマメを動かすのはかわいそうだし、ヒゲとか毛とか切って不恰好になったら天国でいじめられちゃうかなとか・・・。
私はモノに固執するから、亡くなったマメから何かとって残さない方がいいと思った。
その代わり、晩年たち耳ジャックになっちゃって中が見えてる右耳だけ、きれいに拭いてあげました。
相変わらず右耳立ったままだったなぁ・・・。
宅急便が届く。
マメの酸素ボックスに付けてあげてって、マメ専用の小さなかわいいリース。
酸素ボックスには付けてあげられなかったけど・・・マメがとっても明るく見えたので、そのまま持たせちゃいました。
後はマメに手紙を書いて・・・読めるのかな~。
シフォンケーキと、夕べマメが食べるように焼いた食べ物を持たせて。
お世話になった病院で作ってもらったネームタグも持たせて。
マメの準備は整いました。
家を出る前に、マメが具合が悪くなったのも知らせてなかった近い友人にマメがなくなったこととこれから火葬するという本当に突然で本当に失礼なメールを送り、そこで携帯電話の電源を切った。

犬達を車に乗せ、マメを助手席に乗せてヨメを迎えに。
ヨメの家からは、助手席でマメを抱っこして。
火葬場に向かった。
火葬場のおじさんの対応がやけにクールで、逆にそれがありがたかった。
空々しい社交辞令なんて聞きたくなかったから。
どうぞお別れを、って言われたけれどお別れなんてし終えられる訳ないし、焼かないでいいならずっと抱いていたい衝動に駆られ、ちょっとなでなでしてもう蓋をしてもらった。
マメを火の中に入れるのは本当に辛かった。
でもそのタイミングでおじさんに「じゃ、あっちで事務手続きを」って言われたのでぜんぶヨメにお願いした。
この場を離れるなんて、出来ないよ。
マメが骨になるまでの30分位、その前でヨメといろんな話を。
なんで火葬にするんだろうね?
犬が病気になって亡くなるまで、いろいろな苦しみがあるんだと思う。
その中でも実体であった亡骸を燃やすってすごくすごく辛いことで。
さらに骨になって来たものを拾ってあげなくちゃいけない。
この現実が私にはかなり辛かった。
なんで火葬なのかね?土葬じゃいけないの?他に方法はないの・・・って。
両親たちはどうするんだろうね、なんて。そんな話しながら待ってました。

出てきたマメは本当に小さくなっちゃったけど・・・。
1年半前病気になってぺったんこになった頭の形のまんまの頭蓋骨だった。
あんよの骨もさすが足が短いだけあって、小さかった。
15歳にしては歯が抜けてなくて立派ですねって言われた。
行きとは違って、マメのベッドに白い箱を乗せて帰って来ました。

これで、終わった。
全部、終わった・・・やるべきことは。

お腹空いてなかったけれど帰りにコンビにに寄って。
沢山のビールとおつまみと読みそうもない雑誌買って。
誰も居ない家にかえって、見かけだったライブDVDを大音量でつけて、飲んでも飲んでも酔わないビールをしこたま飲んで、泣いてみた。

それでも、まだ泣けてない気がする。
心が痛くて痛くて息が吸えない。
泣きたいのに泣けなくて、悲しみで胸の中がいっぱいではちきれそう。
人前で泣かないように泣かないように、そればっかり考えてる。
普段から人に甘えたり頼ったり出来ないたちだから余計になのかな。
いつか、もっともっとすごい悲しみが押し寄せてきたら、泣けるのかな。
苦しい、苦しい。

夜、携帯の電源を入れたら沢山のメールと連絡。
マメの元気な姿だけ思い出してくれたらいいからって言ったんだけれど、それでもうちまで来てくれるって言う。
ありがとう。
予定通り、明日は掃除してお友達を呼ぶことにしよう。
マメはいなくなっちゃったけど。
[PR]
by mamemamemameji | 2011-12-16 15:30 | マメ

2011年12月15日22時30分。

マメの肺が原因はわからないけれど機能しなくなってきているとわかり、それがなかなかよくならず悪化しているし、治らないかもしれないとわかってから。
もしも呼吸が出来ないことが原因でマメが死ぬのなら、延命はしないと心に決めていた。
でも、助けてあげられたのに、間違って見捨ててしまうことにならないように、ネットでいっぱい調べ、獣医さんにも相談した。
その中で、この状態になったらもうただ見守ってあげようって思った。
死の詳細を書くことは、間違っていることなのかもしれないけれど・・・。
病気で検索してこのページに辿り着いた人にきっと何かを伝えてくれると思うから、詳細書きます。
なので、下の追記以降は読む気持ちのある方だけ読んでください。
辛い内容だと思います。
私自身その瞬間のことが思い出すのが一番辛くて、その現実を受け入れがたく気持ちが悪くなります。

マメの呼吸が苦しい度合いは、一番最初気がついた日曜日の朝から・・・・。
11日朝・・・口は閉じていて、腹は絶えずペコペコ動き、呼吸数はウサギレベル。
       さほど苦しそうではない。
12日・・・興奮するとハァハァと口を開けて呼吸するようになる。酸素が足りれば口は閉じる。
13日・・・口を開けているのが多くなる。
14日・・・夜中かなり苦しそうだった。口は開けっぱなし。
15日・・・夜中は2回ほど苦しげになったけれど、その他は口を閉じて寝ていられたみたい?
      平和な夜が過ごせた気がする。ただ起きた後は口を開けっぱなしで
      かなり苦しそう。
      真夏の熱射病寸前のパンチングみたい。
      病院から連れ帰る時はパンチング状態+口からヨダレだらだら。

14日夜~15日の朝までは少し平和だった気がする。マメもアタシもよく寝た気がする。
11日に入れられた留置針が、14日に壊れて抜かれてた。
だから平和だったこの夜は、マメの大嫌いな留置針も体に入ってなかった。
エリザベスカラーもだからしなくてよかった。
マメと2人でゆっくりゆっくり寝られたんだよね。
留置針入れた日曜日はガジガジ外そうとしてたけど、気にする元気もだんだんなくなってたもんね。
ただ、食事するのもお水飲むのも息を止めてだから苦しくて辛そう。
真夏のパンチング状態がずっと続くなんて苦しくて見ていられない。

15日に病院でまた点滴の為に留置針入れられていたけれど、その後自宅投薬に切り替えることになったから抜いてもらってあったし。
最後は留置針なしでいられて、マメは気持ちよかったんだろうなぁ。
金曜日はマメをみながら掃除して、土日は近い友達に会いに来て貰おうって思ってた。

マメが死ぬなんて。
近い未来の話だと理解してはいたけれど、本当に死ぬ1時間前位まで今日がその日とは思っていなかった。

追記以降は辛い内容になります。
読んで下さる方だけ、読んでください。

そして最期のとき。
[PR]
by mamemamemameji | 2011-12-15 22:30 | マメ様子

こんにちは!

3匹の犬たちの病気などについて覚え書きする分家ブログです。

lab*チロル 1996.4.17
jrt*マメ 1996.11.7 
jrt*ちょんまげ 2000.4.5

家主ひろこ@0型牡羊座
考える前にやってみよう、
でもやるならちゃんと考えよう・・・
とちょっと複雑な性格。

+ L I N K +

La-Brothers
アタクシのお店デス
のぞきに来てね♪

DOG*TRAIL
3匹+1人の楽しい生活はこちらの本家ブログで。

*このブログについて*

このブログはチロルに肥満細胞腫の疑いがあってから気持ちのやり場がなくて、記録としてつけだした私の雑記がスタートです。
情報ツールとしてみなさんに役立てるように作っているものと違い、自分で調べたり、考えたり、試したり、間違ったり・・・です。
知って欲しいと思って書いている部分もありますが、情報としては正しくない部分もあるかもしれません。
飼い主の雑記ですので、つれづれと思うままに書かせて頂きますのでご了承下さい。
色々ここで情報を仕入れても、思い込まずにかかりつけの獣医さんと相談してみて下さい。
獣医さんに話をし、相談し、悩んでることを伝えることも大事なことだと思います。

今は肥満細胞腫だけでなく、他の病気についても書いています。
犬たちとのニコニコの時間が少しでも多く過ごせるように頑張ります。

カテゴリ

全体
おぼえがき
びょういん
しらべもの
しこり
くすり
ちりょうひ
つれづれ
きもち
ようす
チロル病院
チロル薬
チロル様子
マメ病院
マメ薬
マメ様子
マメ
チロル
ちょんまげ病院
ちょんまげ様子
マメ検査結果
未分類

以前の記事

2015年 08月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2012年 05月
2012年 04月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 09月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 04月
2010年 01月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 09月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 03月
2008年 01月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2006年 12月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 05月
2006年 04月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月

フォロー中のブログ

DOG * TRAIL

タグ

(318)
(215)
(198)
(93)
(34)
(34)
(17)
(16)
(14)
(12)
(10)
(7)
(6)
(6)
(4)
(4)
(2)
(2)
(2)
(2)

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧