病気の数が増えてきてしまったので、犬たちの通院記録に名前変更。


by mamemamemameji

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

タグ:入院 ( 6 ) タグの人気記事

肺の治療5日目

d0064466_9234319.jpg
14日夕方、マメをお迎えに行ったときにいろいろゆせんせいのお話を聞く。
今日再度レントゲンを撮ったそうだけれど、マメちん悪化してるそうだ。
前に真っ白と言われた肺はさらに真っ白になっているそう。
残り少ない機能している場所に一生懸命空気や血液を送り込もうとしているんだけれど出来なくて、余計に使える部分も悪くしてしまうらしい。
せんせいにARDSって調べてみてね、って言われたんだけど・・・。
新薬使ってマメさんの治療の反応を見るそうです。
数日、この薬が残っている間は点滴をして・・・それでも反応がなかったら、投薬にして静かに自宅で過ごさせてあげることになりそうです。
日々状況は変化しているので、何ともですが。

マメは本当に急激にこんな状況になってしまったので、先生も原因が確定出来ない様子。
マメちゃん、なんか吸引しちゃったとかない??って言われたけど・・・覚えがない。
ずっとあげてたDフラクションが切れちゃって免疫力がどどどっと下がったとか?ササヘルスあげ始めた所だったから、重症のササアレルギーだったとか?
2人で考えてみるけど、原因はわからず・・・。

先生に明るく「マメ、すぐに死んじゃうとかないですよね~♪」って聞いてみたんだけど、答えは厳しかった。
肺に血栓が詰まって・・・ということは考えられるから、頭の片隅に入れておいてねって。
マメをボックスの中にばかり入れておくのはかわいそうで、「呼吸が苦しい思いをすることで、症状が悪化することはありますか?」って聞いたら、「悪化したら苦しいけど、苦しくても悪化はしない」って言われた。
ちょっと苦しくても一緒にいる時間を作れたらいいな。
いっそアタシが酸素ボックスに入りたいよ。
でも、酸素ボックスは治療ではないと言われた・・・そうだよね。
朝ごはんは食べなかったけど、病院ではお昼食べたらしく、夜も食べる気まんまん。
ご飯を用意していて、倒れていたチロルに向かってガウガウってしたはいいけど・・・そのままフラーっと失神しそうになった。
しばらくボックスに入れていたら落ち着いたけれど、足元もおぼつかない時あるから酸素足りないんだな・・・。
喜んだクセにご飯はあまり食べず・・・腎サポ缶がイヤになったらしい。
腎アシドライだけ食べた。
夜食は腎アシドライのみ。

夜は最初酸素ボックスで寝ていたけれど、一緒に寝たいと出てきたのでまたマスクに切り替えて一緒に寝る。
2回呼吸が激しく荒くなった以外はわりと平和に過ごせた夜な気がする。
久しぶりに寝たかも。
でも、また寝ていて手からマスクを落としてしまった時にマメの呼吸を荒くしてしまったので要注意だ・・・。
呼吸が荒くなるとなかなかマスクをさせないから困る。
布を掛けて布の中を酸素ボックスに見立てて酸素を送ってみたら、うまくいった。

朝起きない。
ギリギリまで寝かせて、起こしてチッコさせる。
トイレにも連れて行かないとなかなか行かない。
酸素ボックスにご飯を持っていくけど・・・食べるわけないよね・・・・。
慌てて鶏肉をゆでてあげてみると、目がキラリと光って親指分位は食べた。
まだ食べそうだったけど、後は病院であげてもらおう。
今日は舌の色が悪い・・・青い・・・当然といえば当然なんだけど。
大きなあえぎ呼吸をしてカハッてなる。
今日も1日酸素ボックスで新薬にて治療の反応をみる。
お弁当に鶏肉を持っていった。
先生に腎臓と食欲とどちらに重きを置いたらいいか効いたら、食べるものをあげてくださいって言われた。
でも出来れば炭水化物や脂質を多くしてたんぱく質は制限したいなって。
まだそこを気に出来る位の希望はあっていいんだなって思うことにする。

先生が夕べ、経済的に負担になったら方法を考えるから言ってみてねといわれたので・・・。
早速聞いてみた(笑)
家で酸素ボックスをレンタルしている。
これは、1ヶ月¥22500、1日¥1500で15日以上は月額料金となるってやつ。
これと同じボックスに病院でも入っているんだけど・・・1日¥8000。
これがキツイ。
他の治療は価格の増減がやることによって変わるけど、酸素ボックスは不可欠なので毎日掛かる。
(先生の采配で調整されていることもある・・・感謝・・・。)
だから1日だいたい¥15000位?
マメとの1年半の点滴は何もなければ1回¥4000位だったから続けられてた。
この生活がどれくらい続くかわからないけど。。。やはり心配になるところ。
マメの治療が最優先だけど、お金のことも頭に入れておかないとね。
酸素ボックスの代替方法としては、鼻チューブがあるそうだけど・・・マメ嫌がりそう。
先生に「マメ優先でお願いします」とお伝えした。
今日も1日、マメさんは病院です。
頑張って~。
[PR]
by mamemamemameji | 2011-12-15 09:23 | マメ様子

肺の治療4日目

13日夕方、マメを迎えに行った。
病院の酸素ボックスがイヤだからか、最初暴れてしまい・・・今日も吐いたそうだ。
肺が楽になるように酸素ボックスに入れているのに、そこで暴れて呼吸が荒くなってしまったり、吐いてしまっては意味がないので明日主治医のゆちゃんと相談するように言われた。
とりあえず、夜ご飯と夜食を多めに食べて朝ごはんとお弁当のお昼ご飯は少なめにしてみようということになった。

月曜日の朝のマメ、ちょっとしんどそう。
d0064466_9473181.jpg


でも、火曜日は割合元気かも?と思ったんだよね。
連れて帰っても元気に見えて、マメが苦しいのに慣れたのかな?それとも私が見慣れたんだろうか?なんて思っていたんだけれど後のことを考えたらやっぱりちょっとは具合よかったのかも。

家に帰って実際マメを酸素ボックスに入れてみる。なんか写真が・・・横向き。
d0064466_9473199.jpg
その瞬間「ちょんたんもはいるー!」って入ってきていきなりマーキングしたヤツがいる・・・。
コンニャロ。だからバカちょんだって言うんだーーーーー!!!
ってアタシが文句言っていたら母がすかさず「ちょんちゃんは頭がいいからマーキングしたのよね?そうよね?」ってフォローしてたけど・・・全然フォローじゃないからね。
もう・・・。
この犬部屋は寒いんだけれど、酸素ボックスは外気温と同じにしかならないので下にホットカーペットが来るようにまた犬部屋の配置換え等して、とりあえず・・・ホ・・・っとしたら、マメが自分でボックスに入りたがった。
病院でも入ってるから、楽なのは知ってるみたい。
慣らすためにドアを片側開け放しておいてるけど、出ないでイイコにしてる。
夜ご飯、夜食は腎臓サポート缶と腎臓アシストドライでもりもり完食。

夜寝る前も一人でボックスで爆睡。
楽なんだろうな・・・。
でもエリカラ外したままなのが気になる。
留置針入れているところが血管痛があるみたいですごく気にしてたからガジガジされると明日使えなくなっちゃう・・・。
しばし寝込んでるマメを見て起こしてつけようか迷ったけど、あまりによく寝ているので電気をつけたまま私も就寝。
でもちょっと離れているしコート着たまま寝てるで、マメの呼吸が見えにくかったりで何度も起きて呼吸しているのを確かめる。
夜中、一緒に寝ると言って出てきたので酸素マスクに切り替えて一緒に寝る。
でも、気がつくと違うところにマスク当ててたり、私の手から地面にマスクが落ちちゃってたりするので・・・。
なんか方法を考えなくちゃだね。
しかし、猫やちょんまげがベッドで寝てるマメを敬わず踏みつけたりするようになったことにイラつく。
マメはまだ元気なんだから!ガウガウされなくたってちゃんと敬ってよ!!!

朝、トイレに行ったら自分で酸素ボックスに入りたいという。
入ってずっと寝てる。
途中様子を見に行ったら、ボックスのベッドじゃなくて地面に寝てる。
地面の方がホットカーペットの暖かさが直接感じられて暖かいんだろうけど・・・ちょっと様子がおかしい。
呼吸はさほど荒くないけど・・・。
一応、ご飯を持っていくけどやっぱり食べない。
食パンに包んだ薬だけはとりあえず食べた。
ちょっと放っておいたら・・・夕べの1/4位は食べたかな。
無理せずお弁当を持たせて病院へ。

抱っこすると肺が苦しいかしら?と移動はもっぱらこのカゴ。
d0064466_9473135.jpg
去年ボロ市で3個¥1000で買ったものの、でかすぎて出番がなかったんだけど・・・。
去年の体調不良は夏だったからメッシュのカゴ使ってたんだけど寒いからこちらに。
d0064466_9473126.jpg
さらに上に毛布と今日一緒に預けるつもりのベッドも乗っけて病院まで。
車の湿度が低いのか苦しいのか息が荒くなる・・・いつも暖房めいっぱいつけて、窓を開けて走る。
すると収まるので。

本日は主治医のゆせんせい。
マメが調子があまりよくないままなのと、ご飯も食べなくなってること、薬の効きが悪いので、肺の治療は新薬を使うかもしれないって言ってました。
昼間の緊急連絡先を聞かれ、ちょっと不安になる。
そんなに調子悪くないよね?大丈夫だよね?
今日も1日お預けして治療。
マメさん、頑張って~。
[PR]
by mamemamemameji | 2011-12-14 09:47 | マメ様子

肺の治療3日目

12日夕方マメを病院に迎えに行ったんだけれど・・・。
2回病院でご飯を吐いたそうだ。
息を吸おうと頑張ると空気を胃に入れてしまい吐きやすくなるそうで・・・。
少しでも消化がいいように今夜からはなつかしの(笑)腎臓サポートの缶詰をあげることにする。
去年腎臓の値が悪くて食べむらがひどく、食べなくていくつも残っていてよかった。。。

血液検査の結果も出てた。
不安だったアルブミンは1.8から1.9にちょこっと上がってた。
こんな時にえらいね、マメ。
でももうアルブミンですらどうだっていい気がしてしまう。
息が出来ないほうが重大だよ。
クレアチニンは変わりなし、ただBUNがかなりあがって68になってた。
これは腎臓が悪くなりだしてから一番悪い数値・・・。
腎臓のためにも留置した静脈からの点滴をまたしばらく続けることになる。
それと、炎症反応を示す犬CRPが、通常1.0以下のところ4.1でした。

今日はう~先生で、初めての先生だったんだけど・・・。(ゆちゃん、なべ先生お休みのため)
マメの肺が現在真っ白ということの原因は、レントゲンではわからない。
気管支やその他の部分を見て、急性肺炎ではなく老化による肺の線維化が原因と思われる。
でも、何らかの炎症反応が出ているということは、体のどこかに炎症を起こしているということで、それがどこかはわからないけれどこれだけ息が苦しい症状があるから、肺炎である可能性もある。
肺炎であれば、治療し、その部分だけ治って息が出来るようになる可能性はある。
でも、治らなかった場合は難しい状況になると思うと言われた。
獣医さんで、またアジ友に会った。
マメの後、腎臓が悪くなり今も同じように点滴に通っている子。
少し話を聞いていただき、心配させてしまったけれど・・・心が少し軽くなった。
ありがとう。

病院では興奮しすぎてしまって息が荒いので気になるけど・・・家の方が落ち着いていられるみたい。
そりゃそうだ。
晩御飯に缶詰をあげる。
息が続かず、むしゃむしゃと食べることが出来ないので缶詰をスプーンで一口ずつあげる。。。。
けど、イライラして結局お皿から苦しみながら食べた。
そんな無茶、しなくていいのに・・・。
そして、缶詰をスプーンで食べさせてもらうというマメの特別待遇に周りの犬たちはうらやましそうにチラ見・・・。1口ずつやってあげた(笑)
夜ご飯も夜食もモリモリと完食。

夜は、昨日より荒くなったりおとなしくなったりと呼吸が安定しない。
荒いのも心配だけれどおとなしくなると、止まったんじゃないかと慌ててお腹を触って動いているか見る。
酸素スプレーは空になるまで使った。
口を開けて苦しがっている時に使うと結構効果があるように感じる。
買っておいてよかった~。
マメも寝ているというよりは、苦しいのかまどろんでいる感じ?目は開けたまま。
「アジコン楽しかったね~」
「みんなにいっぱいおやつもらったね~」
「練習グラウンドも沢山行ったね~」
「遠征どこ行ったっけ~?」
なんてマメをなでながらずっと話しかけた。
まだまだ楽しいことも幸せなこともあるよ。
頑張ろう~。

朝はまた動かない。
ご飯だけはがっつりと食べる。
今日は午前中に酵素ボックスが届くから仕事は午後から。
朝一にマメを病院に預けに行く。
夕方帰ったら家にも酸素ボックスがあるからね~♪♪
今日はなべせんせい。
肺炎の治療で効果があるとしたら、どれくらいで効いて来るのかと聞いた。
先生はしぶい顔だった。
先生の見立てでは、老化による線維化の方が可能性として高いようで、目標としては急激に悪くなった日曜日よりも前の状態に改善することだそう。
どこまでよくなるかわからないけれど、自宅で穏やかに過ごせるようにしてあげたいとのこと。
先生の説明では、やはり年老いた犬たちは、気温の変化が少ない所で過度な運動をせずゆったりと過ごさせてあげることがこういったことが起こらない理想の生活だと思った。
でも、私は違う生活をすることを選んだんだから、そこは振り返らないようにする。
チロルやマメは老犬になっても、十分に外で陽を浴びて自由に過ごしてきたと思う。
それでよかったと思うし、チロルもまだ外に連れ出してあげたいと思う。

もしも治療であまり改善が得られなかった時、酸素ボックスはただの延命にならないだろうか。
マメが旅立つ直接の原因が肺であるならば、それが先か後かなだけで、酸素ボックスの中で苦しくなって旅立つんだろう。
酸素ボックスのことは・・・この後悩むことになるのかもしれないな。
とりあえず、午前中無事酸素ボックスが設置完了。
思ったよりも、本体の音がうるさい(笑)
ただでさえ狭いアタシの生活する犬部屋がますます狭くなっちゃったなぁ。
[PR]
by mamemamemameji | 2011-12-13 14:33 | マメ病院

肺の治療2日目

こわごわ連れて帰ったけど、マメが一番混乱しているよう。
ご飯だ~って喜んで走る→息が荒くなる→苦しい→なんで???
動いたり、興奮したりすると、すぐにガーガーという呼吸になる。
夏場のパンチングのよう。
食事はちゃんととってます。
でも、ご飯をもぐっと口に入れるのに時間がかかると息が続かないので手で1粒ずつフードをあげる。
夜中は何度か息が荒くなったけれど穏やかに過ごした。
1回ちょっと酸素スプレー使ってみたけど、嫌がられた・・・。
おとなしくしてるけれど、寝てるというよりもまどろんでるって感じかな。
眠れはしないみたい、お互いに(笑)

朝、ご飯を食べてからまた病院へ。
ちょこちょことは動き回れるみたい。
今日も1日点滴と治療で酸素ボックス。
レンタル会社に連絡したら、混んでいて明日のお届けになっちゃうそう。
どの子もみんな早く欲しいんだよね~。
これで明日からは家に連れて帰ってきても夜の不安が少し減るかな。
[PR]
by mamemamemameji | 2011-12-12 13:46 | マメ病院

また新しいこと。

朝になってチロマメ連れて病院へ。
マメは苦しくてベッドから降りた後、動けない。
排泄をしたかどうかは・・・忘れた。
ご飯は食べないだろうとおもったので、予定通り血液検査のため絶食とした。
歩けないチロルと苦しくて動けないマメ・・・。
正直、わかっていてもこの組み合わせになると通院は大変です。
マメを診察で先生が見てくれている間に、チロルを抱っこして車から2Fの診察室まで運ぶ。
これだけでグッタリしました。
チロルは血液検査と点滴だけで終了。
マメは・・・レントゲンを撮ったら肺がまっしろなコトがわかった。
繊維化といって、肺が硬くなっていて膨らまず、空気を吸えないので呼吸が浅くなってしまっているそう。
肺と肺の間にうっすらと少量の水がたまっているのも見えるので、利尿剤で水を出すのと、炎症を抑えるために抗生物質と、ステロイドの投与をすることに。
1日酸素ボックスの中で点滴し、夕方迎えに行くことに。
獣医さんから、酸素ボックスのレンタルのカタログをもらった。
日曜日はやってないけど、すぐに用意したほうがいいとすすめられる。

一応、5kgで小ボックスと中ボックスとケージのサイズがあるらしいんだけど、1日考えてちょんまげも一緒に入れたらマメの不安は少なくなるかな?って思って、中ボックスを借りようかな、と思ってみる。
母と何度か話し合ったけれど、涙が止まらない。
こんな形で最後を迎えることになるマメが不憫で仕方ない。
しかたないってわかってても、なんでってつい言いたくなってしまう。
午後、ちょこっと練習に行って。
夕方マメを迎えに行った。
酸素ボックスから出すのが不安だったけれど、先生はすぐに息が出来なくなって死ぬことはないからと言われて連れ帰る。
でも家に帰ってご飯だ~ってちょっと興奮すると息が乱れる。
ご飯食べるのに興奮する、乱れる、ご飯は息を止めながら食べてるから・・・苦しんでる。
薬局でお守りのように酸素スプレーを買ってみた。
不安で不安で心細い。
脳みそが限界を迎えて8時半頃マメと就寝。
[PR]
by mamemamemameji | 2011-12-11 14:27 | マメ病院

7/5の病院

朝会社に行く前にマメを病院に預けてきた。
マメしばらく昼間は病院で過ごすのでバスタオル預かってマメの入院ケージに入れてくれている。
今度、マイベッドにしてあげようかな。

今日はゆげちゃんがお休みなので、なべせんせい。
なべせんせいは腫瘍認定医で、とってもとってもやさしい先生。
私がマメの様子を書いてきたメモを丁寧に見てくださって、お預かりとなりました。
膵炎の検査結果が出るはずなので、わかったら連絡くださいとお願いしました。

午後、携帯に病院から電話。
出るとなんとゆげちゃん!!お休みだったのにマメ見にいってくれたの???
「マメちゃん、様子見たけど調子よさそうだね~」って。
「もらったお手紙も読んだよ」って。
涙がでました・・・。
病院で預かってくれているとはいえ、不安でしかたない思いで、心細かったので・・・・。
本当にホッとした。
私が毎日書いてくるマメの様子も、ちゃんと見て治療に生かしてもらえてるコトも。
よかったーと、思った。

夜、迎えに行ったらマメの表情がちょっといい。よかった。
膵炎の疑いは晴れた。これでひとつ可能性が消去された。
今、マメの一番の心配は血中蛋白が低すぎること。
これを改善しないことには、何も出来ないそうで・・・・。
まずは、口から物を食べさせて血中蛋白をあげて、元気になってから内視鏡検査をして、胃、腸の状態を見るそう。
そして組織をとって検査煮出して病理検査結果を見て判断するところがゴールのようだ。
そのときに異物があれば、内視鏡で取り出す。
もしも口から食べることでも血中蛋白があがらないようだったら、原因が改善されないということだから、調子が悪いままでも内視鏡検査をする必要があるそう。
今は口から食べることで血中蛋白の値が上がることが一番いいことだから。
マメちゃんの胃と腸、頑張ってー。
少し、いいお顔になってきてホッとしました。
d0064466_21373638.jpg

先生方にも恵まれて、本当に感謝してます。
留置針留めてるくっつく包帯がかわいいので和みます。
[PR]
by mamemamemameji | 2010-07-05 21:37 | マメ病院

こんにちは!

3匹の犬たちの病気などについて覚え書きする分家ブログです。

lab*チロル 1996.4.17
jrt*マメ 1996.11.7 
jrt*ちょんまげ 2000.4.5

家主ひろこ@0型牡羊座
考える前にやってみよう、
でもやるならちゃんと考えよう・・・
とちょっと複雑な性格。

+ L I N K +

La-Brothers
アタクシのお店デス
のぞきに来てね♪

DOG*TRAIL
3匹+1人の楽しい生活はこちらの本家ブログで。

*このブログについて*

このブログはチロルに肥満細胞腫の疑いがあってから気持ちのやり場がなくて、記録としてつけだした私の雑記がスタートです。
情報ツールとしてみなさんに役立てるように作っているものと違い、自分で調べたり、考えたり、試したり、間違ったり・・・です。
知って欲しいと思って書いている部分もありますが、情報としては正しくない部分もあるかもしれません。
飼い主の雑記ですので、つれづれと思うままに書かせて頂きますのでご了承下さい。
色々ここで情報を仕入れても、思い込まずにかかりつけの獣医さんと相談してみて下さい。
獣医さんに話をし、相談し、悩んでることを伝えることも大事なことだと思います。

今は肥満細胞腫だけでなく、他の病気についても書いています。
犬たちとのニコニコの時間が少しでも多く過ごせるように頑張ります。

カテゴリ

全体
おぼえがき
びょういん
しらべもの
しこり
くすり
ちりょうひ
つれづれ
きもち
ようす
チロル病院
チロル薬
チロル様子
マメ病院
マメ薬
マメ様子
マメ
チロル
ちょんまげ病院
ちょんまげ様子
マメ検査結果
未分類

以前の記事

2015年 08月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2012年 05月
2012年 04月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 09月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 04月
2010年 01月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 09月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 03月
2008年 01月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2006年 12月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 05月
2006年 04月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月

フォロー中のブログ

DOG * TRAIL

タグ

(318)
(215)
(198)
(93)
(34)
(34)
(17)
(16)
(14)
(12)
(10)
(7)
(6)
(6)
(4)
(4)
(2)
(2)
(2)
(2)

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧